ホワイトペーパー

講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法

株式会社ABEJA 2018年11月08日

ZDNet Japan & AWS Partner Networkセミナーより。

ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進するベンチャー企業です。これまでに、100社を超える企業へのAI実装を実現して参りました。

本セミナーでは、製造業がこれから更にAIを活用したいくために、データに焦点をあて、これから蓄積すべきデータ、今あるデータをどう活用できるかをお伝えします。
AIを社会実装するためのポイントを、これまでの実績、ノウハウを元に製造業における成功事例と共に、紹介いたします。

株式会社ABEJA 寺本 拓磨氏
(ABEJA Platform Annotation事業責任者)

<ダイジェスト>
・なぜ、いまAIなのか?
・AIビジネスの現状
・AIプロジェクトの流れ
・どうやって失敗リスクを回避するのか?
 どうすればAIビジネスで先手を打てるのか?

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]