ホワイトペーパー

なぜ貴社のAIプロジェクトは期待したほどの効果が得られないのか?─設計思想の見直しが急務

富士通クラウドテクノロジーズ(IoT Design Center) 2019年06月05日

これからAIは単なるブームの粋を超えて、企業活動や生活の中に深く根ざしていくことは疑いようもない。そのため企業には、今後の事業戦略にどのようにAIを組み込んでいくかを本格的に検討すべき時が訪れたと言えるだろう。とりわけ日本企業の場合には、人口減少などによって人材にまつわる事業リスクは高まる一方であることからも、いかに人間の知能をAIに置き換えるかが喫緊の課題となりつつある。

 こうした背景から、製造業、流通業、金融業など業種業態を問わず、あらゆる企業のあらゆる部門で導入が進んでいくのが確実なAIだが、問題はどれだけの速度でどのように推進するかだ。効果が十分ではないAIプロジェクトにありがちなケースとしては、アウトプット精度にばかりこだわってしまい、AI化のもう1つの大きなメリットである“自動化(システム化)によるリスクヘッジ”にはあまり目を向けない傾向が挙げられる。

 本資料では、AIプロジェクトを成功に導くためのプロジェクト設計思想について、失敗に陥りやすいアプローチや、求められる義体的な資源などを踏まえて解説している。自社におけるAI活用の方針策定などにも大いに役立つはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]