編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

あらゆる環境に柔軟に対応する「ハイブリッドクラウド」がもたらすビジネスメリットとは?

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-05-06

自社データセンターの仮想化プロジェクトをようやく完了させたユーザーにとって、オンプレミスとパブリッククラウドとの併用環境である「ハイブリッドクラウド」の構築は時期尚早と考えるかもしれない。しかし、仮想マシンの増加推移予測を立てるうえでは、ハイブリッドクラウドの構築は、近い将来必要になるだろう。

テレワークの拡大、業務改善の推進、競合企業の動きを見据えたビジネスの新設など、構築したばかりのオンプレミスの仮想環境だけで満たすのは難しい要件も多い。しかし、いざハイブリッドクラウドを構築しようにも、いくつかの課題を乗り越えていく必要がある。それはオンプレミスとパブリッククラウドの両方で自由に利用できるアプリケーションの整備、開発体制やセキュリティ体制の構築だ。

本資料は、ハイブリッドクラウドの構築で障壁となりうる課題を洗い出し、解決策をわかりやすく解説したものだ。加えて、ハイブリッドクラウドを構築するうえで強力なソリューションとなる「VMware Cloud Foundation」の基礎を紹介するとともに、導入によって得られるコスト面とインフラ面のメリット、導入におけるベストプラクティスなどを詳細に解説している。新時代のビジネスに対応する新しいアーキテクチャを採用し、将来を見据えたハイブリッドクラウドを早期に構築したい方は、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]