編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

セキュリティ2大企業が統合、Trellix初イベントから探る「XDRプラットフォーム」の真価

Trellix(Musarubra Japan 株式会社) 2022-08-02

IT環境の複雑化やサイバー脅威の高度化にともなって、企業内に侵入する脅威をいかにすばやく検出し対応するかが重要になってきた。かつてのように脅威が侵入する前にブロックするアプローチはほとんど通用しなくなっている。侵入後の対処も数時間から数日にわたるケースも増えている。侵入経路としても、PCだけでなく、WebカメラやVPN装置、IoTデバイスなど多種多様だ。そうしたなか重要になってきたのが「XDR(Extented Detection and Response)」のアプローチだ。ガートナーによればXDRとは「防御・検出から対応までに至る複数のセキュリティコンポーネントから、データやアラートを自動的に解析し、相互に関連付けて統合するプラットフォーム」だ。
本動画資料では、XDRの特徴や企業にもたらすメリット、事例などを、2022年にFireEyeとMcAfee Enterpriseの統合により誕生したTrellixのイベント基調講演で明らかにする。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]