TANDBERG、HDビデオ会議システムの新製品ラインアップを発売開始

高品質なビジュアル体験で企業経営者の迅速で確実な経営判断を促進

タンバーグ日本支社 2006年08月02日

ビジュアル・コミュニケーションのグローバルリーダーであるTANDBERG (本社:ノルウェー王国・オスロ/米国・ニューヨーク州、取引コードOSLO: TAA.OL) は、会議室から個人用デスクトップまでカバーするHigh Definition(以下、 HD)ビデオ会議システムの新製品ラインアップを出荷開始します。

今回の新製品群の特徴は、地上波デジタル放送なみのHDカメラ、HD対応ソフトウェアが標準装備となる点です。これにより、大型ビデオ会議システムからデスクトップ型ビデオ会議端末までHD対応製品のラインナップが整備されることになります。

グローバル化が進む現在のビジネスシーンにおいては、複数拠点との効率的なコミュニケーションは経営上の重要課題です。実際、75%以上の企業経営者は、コミュニケーションの迅速さ、柔軟さ、そして適応性を経営上最も重要視しているというデータがあります(The Conference Board CEO Challenge 2006) 。その様な環境の中で、明細な画像と鮮明な色彩による高画質なTANDBERGのHDビデオ会議システムは、世界各地に広がるチームや社員を、高品質な双方向通信環境によって連携させ、情報の共有と意思決定を強化します。

1対1の会話からチームミーティングまで対応する、今回発表のTANDBERGのトータルHDソリューション製品群は以下の4つになります。

●プレシジョンHDカメラ: ビデオ会議用にデザインされたプレシジョンHDカメラは、既存ユーザーにアップグレードいただくことでHD対応が可能になり、今後のTANDBERG製品群で標準装備されるHD対応カメラです。1Mbps以上の帯域で、16:9 ワイドスクリーンにHD (1280 x 720p) 画質を出力します。通常の映像コントロールに加えて、迅速でスムーズなカメラ動作、7倍ズーム、70度のワイドアングル、左右の動きを完全にカバーする180度のパン機能を有しています。

●Profileシリーズ: 大・中・小あらゆるサイズの会議室へ、リアルなHDビジュアル体験をお届けします。最高のマルチメディア環境を実現したい方は、新たにデジタル機器を導入する必要があります。TANDBERGプレシジョンHDカメラを搭載してHDに完全統合されたProfileシリーズは、8000 MXP、6000 MXP、3000MXP、そして Maestro MXPが対応しています。

●Edge シリーズ: スリムで省スペースな縦置き型のシステムは、コーデック、マイク、そしてTANDBERGのプレシジョンHDカメラを搭載しており、HD対応モニターのあるオフィスを、立案・計画・行動へと導くバーチャルな会議室へ瞬時に変化させます。Edgeシリーズは、95 MXP、85 MXP、そして75 MXPのラインアップを用意しています。

●Centric 1700 MXP: 業界初のHD対応デスクトップ型ビデオ端末です。Centric 1700 MXPの20インチ・フラットモニターは、PCディスプレイとHDビデオ会議をシームレスに使い分ける事が可能です。多忙な経営者も、遠隔地にいる部下とフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションできることになり、役員室を司令室として機能させる能力を備えた個人向けビデオ会議端末です。

また、今回の新製品群では、HDを含んだ多地点接続時に映像・音声品質を向上させる、新しい「発言者切り替え機能」を、MPSソフトウェアのアップグレードにより提供します。

さらにTANDBERGは、ビデオ会議の利用と管理を容易にすべく、TANDBERG Management Suite (TMS)のアップデートもご用意しております。TMSはオプションでTANDBERG Management Serverとしての購入が可能になりました。小規模から中規模までのビデオ会議システムの管理を目的とした、容易な設置と即時利用可能なソリューションです。また、TMSは会議のスケジュール、予約、診断、そしてレポートといった管理機能を、社内ネットワークの外側に登録されたシステムでもフルに利用できるようになりました。この新機能により、遠隔地や在宅勤務者がビデオ会議システムに参加できるようになります。


TANDBERGのCEO、Fredrik Halvorsenは次のように述べています。
「TANDBERGのHDビデオ会議システムはコミュニケーションの形を変えます。競争社会で勝ち抜くために、企業は情報のスピードと正確さを向上させなくてはなりません。オフィスや会議室にHDビデオ会議システムを導入することによって、各地に分散したチームは、今まで有り得なかった明細さと頻度でコミュニケーションができるようになります。もはや、同じテーブルで会話しているのと何ら変わりありません」

TANDBERGの日本支社長、楠本博茂は次のように述べています。
「今回の新製品群がラインナップに加わったことにより、私どもはビデオ会議システムが本格的にHD対応の時代を迎えたと言っても過言ではないと考えています。これは、端末の性能と利用通信帯域によって最適な解像度を選択する「解像度最適化技術」という当社特有の技術によって可能となったものです。今後も、当社は端末製品からネットワーク製品、管理システムまで提供する唯一のトータルソリューションプロバイダーとして、コミュニケーションの形をかえるべく、利便性、信頼性の向上に努めていく考えです」

日本市場におけるネットワーク製品のアップグレード、およびTANDBERG Management Serverにつきましても、出荷開始いたします。

※TANDBERGは米国およびその他の国における商標および登録商標です。その他全ての商標は、個々の商標権者に帰属します。

用語解説

TANDBERGについて
TANDBERGは、ビデオ会議システムおよびサービスをリードするグローバル・プロバイダとして、企業が現在直面しているビジュアル・コミュニケーションのギャップを埋めるお手伝いをしています。豊富な業界知識とコンサルティングによるアプローチによってお客様が新しいビジネス・チャンスを生み出せるよう貢献しており、標準準拠のソリューションを通じてビジュアル・コミュニケーション・ツールの利用を推進しています。当社はニューヨークおよびノルウェーの2本社制を採用し、世界90ヶ国以上に導入実績があります。またオスロ証券取引所に上場しています。(TAA.OL)
詳細: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!