屋外仕様に特化した堅牢なシリアルイーサネットサーバ 「Digi PortServer TS HCC MEI」を発売

ディジ インターナショナル株式会社 2006年09月15日

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、根津嘉明代表)は、道路沿いや交差点に設置されたフィールド装置を簡単にイーサネット化できる堅牢なシリアルサーバ、「PortServer TS HCC MEI」を本日から発売します。

厳しい環境条件の下で作動に特化して設計されたPortServer TS HCC MEIは、遠隔監視・管理できるようカスタマがトラフィック管理機器をネットワーク化できるよう設計されています。本製品により、ユーザは中央管理ステーションから、交通灯やメッセージ標識の制御、危険な道路状況の警告発令、緊急車両探知器や走行レーン制御信号の調整が行えます。

「新製品PortServer TS HCC MEIは、交通ならびに沿道の管理を行う設備や過酷な環境に対応できる仕様を満たすよう設計されています。交通ソリューションは、主として高速道路や一般道に沿って設置され、厳しい温度環境や天候の中で動作すると同時に、橋の通行不能、道路の凍結、走行車線の閉鎖といった生命の安全に関わるケースに対しても使用されます。本製品は、この市場の要求に応えるために、過酷な状況下でも確実に動作するような特別な設計をしています」と、Digi Internationalの営業・マーケティング担当上級副社長、ラリー・クラフトは話しています。

「PortServer TS HCC MEI」は、Digiの外付けの鍛造シリアルサーバであるPortServer TS MEIファミリの最新製品となります。本製品は当初、世界最大のエンジニアリング設計ファームで米国連邦政府契約会社の一社でもある米URS社のために特別に設計されたものです。「当社は、東海岸の厳しい沿岸独自の環境に対応できるターミナルサーバ製品の堅牢バージョンの生産をDigiに依頼しました。新製品は、鍛造された器材、ネットワーク管理機能、利用できるプログラム可能なポートの数など、あらゆる点で私たちのプロジェクトの要件を満たしてくれています」と、URS社の上級SEであるボブ・ソセンコ氏は話しています。

「PortServer TS HCC MEI」は最大4つのシリアル装置を接続でき、-35℃~74°Cの広い温度環境に対応している点が特徴です。また、温度・衝撃・振動関連の環境ストレスの取り合わせに耐える製品能力を証明するNEMA TS 2に適合しています。加えて、さらに、道路沿線の湿気と腐食から保護する絶縁保護コーティング回路基板および、スタリューターミナルブロックによる耐久性に優れた電源を搭載しています。

■ディジ インターナショナルの概要
社名:ディジ インターナショナル株式会社
所在地:東京都渋谷区桜丘町22-14 NESビルS棟8F
TEL 03-5428-0261  FAX 03-5428-0262
代表者:日本法人代表 根津 嘉明(カントリー マネージャ)
ジョー・ダンズモア(代表取締役 兼 米国Digi International 社CEO)
設立:2001年3月1日
資本金:1,000万円
URL: (リンク »)

■米国本社プロフィール
1985年に設立されたディジ・インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持ち、産業界のあらゆるデバイスをネットワークに繋げるための製品、いわゆるコネクトウェア製品の世界的なリーディングカンパニーです。マルチポート・シリアル・アダプタから、USBアダプタ、LAN経由のリモートアクセスを実現する製品群でPOSシステム、産業オートメーション、医療などの市場で大きな実績を残しています。
Digi Internationalの詳細は、 (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

PortServer TS HCC MEI

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディジ インターナショナル株式会社の関連情報

ディジ インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR