有線/無線組込みネットワーク機器向けのARM開発キット 「Digi ジャンプスタートキット」を399ドルで提供

Linux, Windows CE, NET+OSでの短期・低コスト開発を支援

ディジ インターナショナル株式会社 2007年02月14日

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、根津嘉明代表)は、DigiのNET+ARMモジュールを用いた組込み製品の開発が簡単に行える低コストの開発キット、「Digi JumpStart Kits」(Digi ジャンプスタートキット)を本日から発売します。

本キットの発売記念価格は399ドルで、有線/無線組込みネットワーク製品の開発に必要なハードウェア、ソフトウェア、ツールすべてを同梱したものです。LinuxとWindows CE、DigiのNET+OSに対応し、これらを使って商用グレードのネットワーク製品ニーズに幅広く対応します。
 
「Digi ジャンプスタートキットは、2,500ドルの標準的な開発キットと同等ないしはそれ以上の機能を提供します。開梱して即座に32ビット組込みアプリケーションを開発できる本キットは、開発期間で悩んでいるエンジニアにとっては極めて大きな価値のあるものと言えるでしょう」と、Digi Internationalのセールス・マーケティング上級副社長、ラリー・クラフトは話しています。
 
Digi ジャンプスタートキットは、有線/無線モジュールのDigi Connect(ARM7ベース)およびDigi ConnectCore(ARM9ベース)に対応し、ARMとネットワーキング技術の両方を簡単に評価できます。また、本キットには「Digi ESP」(新しいEclipseベースのIDE/統合開発環境)も NET+OSとLinux向けに同梱しています。また今後、Digi ESPとEclipseフレームワークに関する機能強化とテクニカルサポートも引き続き進めていきます。Windows CEのサポートについても、Microsoft Visual StudioおよびPlatform Builder向けに提供していきます。
 
「Digi ジャンプスタートキットは、Microsoftの新しいWindows Embedded CE6.0対応を行う初の開発キットの1つとなります。これにより、カスタマーは、当社のモジュールやキットを利用する際の開発プラットフォームの選択肢がさらに広がります」と、ラリー・クラフトは付け加えています。

「Digi ジャンプスタートキット」は、日本国内では、当社および当社の認定代理店から販売します。


■ディジ インターナショナルの概要
社名 : ディジ インターナショナル株式会社
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町22-14 NESビルS棟8F
   TEL 03-5428-0261  FAX 03-5428-0262
代表者 : 日本法人代表 根津 嘉明(カントリー マネージャ)
   ジョー・ダンズモア(代表取締役 兼 米国Digi International 社CEO)
設立 : 2001年3月1日
資本金 : 1,000万円
URL : (リンク »)

■米国本社プロフィール
1985年に設立されたディジ・インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持ち、産業界のあらゆるデバイスをネットワークに繋げるための製品、いわゆるコネクトウェア製品の世界的なリーディングカンパニーです。マルチポート・シリアル・アダプタから、USBアダプタ、LAN経由のリモートアクセスを実現する製品群でPOSシステム、産業オートメーション、医療などの市場で大きな実績を残しています。
Digi Internationalの詳細は、 (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディジ インターナショナル株式会社の関連情報

ディジ インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!