バッテリーリフレッシュに関するアンケート(2007年3月調査)より

株式会社ベイサン 2007年04月27日

ノートパソコン用バッテリーパックのリフレッシュサービスを手掛ける株式会社ベイサン(本社:横浜市港北区、代表取締役:矢野智久、以下ベイサン)は、2007年3月、バッテリーリフレッシュサービスを利用したユーザを対象に、「バッテリーリフレッシュに関するアンケート」を実施した。今回の調査では、バッテリーリフレッシュサービス選択の理由を尋ねた。

バッテリーリフレッシュサービスを選んだ理由としては、「古いパソコンでも使いたいから」が30%でトップ。価格が26%で2位、バッテリーリフレッシュの特徴でもある「容量アップ」が19%で3位をマークした。1位の「古いパソコンでも使いたい」と関連性があるが、「メーカ販売中止」が10%で4位。個人でのバッテリー廃棄と消耗品のバッテリーに比べ本体は使えるにも関わらずバッテリー生産が早期終了する場合が多いことで古いパソコンを活用するユーザが多いことが分かった。「環境に優しいサービスだから」も11%の高い比率の選びポイントになっている。
その他、「PCメーカは古いバッテリーを販売だから」「どういうものか、試してみたかった」、特にAppleユーザの場合愛用しているPCの色と新品のバッテリーの色の差を気にしてバッテリーリフレッシュサービスを選んだユーザもいた。

「バッテリーリフレッシュはどこでお知りになりましたか?」という質問に対しては圧倒的にウェブ検索が69%でトップ。その他、雑誌によるバッテリー特集記事での紹介が16%で2位、家族・知人の紹介が6%で3位だった。

ウェブ検索の場合、検索エンジンの比率では「Google」が54%でトップ、Yahooが35%で2位、MSNが5%で3位をマークした。特にPCに詳しいユーザの利用率が多いGoolgeからの利用が多かった点は興味深い結果だった。

バッテリーリフレッシュサービスの満足度の調査結果では「満足」が63%、「大満足」が26%、「普通」が9%、「満足してない」が4%をマークした。全体的に満足の比率が多いが普通と満足してないユーザの多くはリフレッシュ不可、残量表示の不具合、納期などが理由だった。

今回のバッテリーリフレッシュの調査結果により、多くのユーザが旧モデルの再利用と環境意識が高いこと、PCに詳しいユーザの利用率が高いことが分かった。
サービスの改善点として納期・価格の調整などの課題があるが、今後もバッテリーリフレッシュのニーズは期待出来るものと思われる。

●本件のお問い合わせ先
株式会社ベイサン
広報担当 伊澤 洙鎭
Tel 045-470-0757 FAX 045-474-4325
e-mail: service@baysun.net
〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-13-5宗久ビル5F

●株式会社ベイサンについて
代表取締役:矢野 智久
資本金:2,100万円
所在地:〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-13-5宗久ビル5F
URL: (リンク »)
TEL:045-470-0757 FAX:045-474-4325
業務内容:リチウムイオン電池パックおよび関連電源装置の企画・開発・製造・販売、ノートPC用バッテリーパックのリフレッシュサービス

● バッテリーリフレッシュサービス紹介
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ベイサンの関連情報

株式会社ベイサン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!