多機能ケータイCRMサイト構築システム「アドモーションプラス」』

『60万件/時の高速携帯メール配信も可能

2007年06月29日

 月間10億ページビューを超えるホームページ作成サービス『ポケットスペース*1』を提供している株式会社サイバープラス(本社:滋賀県草津市、代表:吉原 一登)は、低コストに導入できサイト構築が容易なうえ、60万件/時間の高速携帯メール配信や携帯サイトで貯めたポイントを着うたやゲーム、現金に還元できる多機能携帯サイト構築システム「Admotion+(アドモーションプラス)」( (リンク ») )の提供を開始します。

 「Admotion+」は、CRM機能をメインとした多機能携帯サイト構築システムで、携帯電話を利用したマーケティング活動を展開しようと考えている企業や、顧客コミュニケーションを活性化させたい店舗などの複雑なニーズに対応する事が可能です。

 基本的な機能として、サイト作成機能、メール配信機能、会員管理機能、広告効果測定機能といった多機能CMSをベースとしています。パソコンのブラウザより3キャリア対応の携帯サイト製作ができるのはもちろん、CRM機能による顧客コミュニケーションサイトの構築や、着メロ・着うた・デコメ・ゲーム・占いなどのコンテンツにより顧客の興味を轢きつけるエンターテイメントサイトの構築、更には今流行の動画機能を搭載したサイトの構築なども可能です(動画変換配信ASP『moviOne』と連動)。

 「Admotion+」の大きな特徴の一つが広告連動型ポイントインセンティブ機能です。広告を見たりアンケートに答えて顧客が獲得したポイントで着うたやゲームを入手したり、現金や店舗のポイントに還元することが可能です。これにより、今までアクティブに動くことがなかった顧客を自社のサービスに誘導しやすくなります。また、貯めたポイントで店舗が発行する商品券などと交換させることでリピート購入に繋げることが可能となります。企業や店舗の最大の悩みであるリピート率の向上に有効となります。

 業界最速クラスの60万件/時間の高速携帯メール配信も「Admotion+」の大きな特徴です。店舗からタイムサービスの案内を送る場合、限られた時間内に送信できないと意味がありません。システムの安定性も高く、従来は時間がかかりがちなメール配信時間を短縮することでより有効な顧客コミュニケーションが実現できます。

 更に会員情報によるターゲットメール機能で細かくセグメントに分けられた各会員に対しきめ細かな情報提供を行えます。会員情報と過去の購買履歴から顧客の購買行動を把握することができ、高速メール配信機能と組み合わせることでチラシなどでは不可能なタイムリーな案内メールを配信することが可能です。

 また、弊社の強みであるコミュニティー構築ノウハウ(ポケスペ)を最大限活用したコミュニティーサイトの構築機能を追加して、動画・静止画投稿型のCGMサイト構築機能やポイント連動型インタラクテブサイトの構築機能を今後導入していきます。更に、携帯サイトにおける動画機能の強化、コマース機能、POSが連動したポイント交換機能などを開発、提供していく予定です。

7月2日販売活動開始、初年度1,000契約、売り上げ3億円を目指します。

URL: (リンク »)
リリースページ: (リンク »)
ロゴ: (リンク »)
サイトイメージ: (リンク »)



■報道関係からのお問い合わせ先
広報担当:関口 和枝
電話:03-5464-1770
MAIL:sekiguchi@cyberplus.co.jp

■本サービスに関するお問い合わせ先
メディアマーケティング部 担当 : 藤井 正明
MAIL:fujii@cyberplus.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

サイトイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?