『nendo』α版に「USTREAMガジェット」新登場!! さらに、GMSのリクナビNEXT採用活動に 「USTREAM.TV」を活用しちゃいます!!

株式会社グローバルメディアソリューション 2007年11月14日

株式会社グローバルメディアソリューション (本社:東京都目黒区、代表取締役兼CEO:梶原吉広、以下「GMS」)は、同社が運営する、 SNS機能をベースにインターネット上の最新情報や自分のお気に入りサイトを自分専用に カスタマイズして、ゲームのような直感操作で簡単にマイポータルをつくることができる 新サービス「nendo」(ネンド:http://nendo.tv)α版において、2007年11月14日(水)より 「USTREAM.TV」(ユーストリーム: http://www.ustream.tv)に対応した、 ライブ動画をストリーミング配信できる新ガジェット「USTREAMガジェット」を追加しました。 さらに今回、11月14日から始まるGMSのリクナビNEXT採用活動 (http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/rnc/docs/cp_s01800.jsp?rqmt_id=0005100928 期間:11月14日10時から11月27日24時まで)に併せて 「USTREAM.TV」を使った「採用特別ページ」(http://gms2.net)を開設します。

■「nendo」の新機能「USTREAMガジェット」

「nendoα版」に「USTREAM.TV」に対応した新機能「USTREAMガジェット」を追加しました。
このガジェットに「USTREAM.TV」のIDを入力すると
「nendo」内の自分のチャンネルでライブ動画をストリーミング配信することができます。


■「USTREAM.TV」+「リクナビNEXT採用活動」!?

今回、GMSでは11月14日から「リクナビNEXT」にて採用活動を行います。
採用活動の内容は、現在α版としてサービスを提供中の
次世代Webプラットフォーム「nendo」開発スタッフの募集です。

「リクナビNEXT」での採用活動に伴い、GMSでは「USTREAM.TV」を使った
「採用特別ページ」を開設し、GMSのポータルサイトのトップをジャックします。
(期間:11月14日10時から11月27日19時)

「採用特別ページ」には、「USTREAM.TV」を設置し、「nendo」の開発風景
(社内および合宿)をライブ中継したり、代表の梶原と開発責任者の池田が
今後の「nendo」について語るディスカッション、GMS全スタッフの自己紹介や
直接質問できるチャットなど、応募者の為に様々な情報をご提供します。

応募される方は、GMSの開発スタッフがどんな環境で「nendo」を開発しているのか、
「USTREAM.TV」を通じて見ることができます。


【画像付きプレスリリースはコチラ (リンク ») 】


●株式会社グローバルメディアソリューション 
東京都目黒区大橋2-3-5 バルビゾン41 2F Tel:03-5790-6481 Fax:03-5790-0620
URL: (リンク »)  設立:2006年5月11日 資本金:2,500万円 
従業員数:16名(2007年11月14日現在) 代表取締役兼CEO:梶原吉広 
事業内容:インターネットメディア事業 
RIAベースの次世代Webプラットフォーム「nendo」 (リンク ») の企画・運営 

●本プレスリリースに関するお問い合わせ先
広報:梅田 優 (Masaru Umeda) Tel:03-5790-6490 E-mail:pub@gms2.net

このプレスリリースの付帯情報

採用特別ページ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社グローバルメディアソリューションの関連情報

株式会社グローバルメディアソリューション

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!