モバイル事業者がインターネット企業のビジネスモデルに対抗するには新たな戦略の導入と大幅なコスト削減が必要

株式会社グローバル インフォメーション 2008年05月26日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Informa Telecoms & Mediaの発行する最新の英文調査報告書「Future Mobile Operator Business Models: Broadband, partnerships and Mobile 2.0」の販売を開始いたしました。

Informa Telecoms & Mediaは、このほど発行した調査報告書「Future Mobile Operator Business Models: Broadband, Partnerships, Wholesale and Mobile 2.0」のなかで、成熟市場のモバイル事業者が利益を確保するには今後5年以内にかなり斬新なビジネスモデルを導入する必要があると指摘しています。

一方、新興市場のモバイル事業者に関しては、基本的な接続サービスに対する需要が堅調なため、当面収益の力強い伸びが続くと見られています。しかし、これらの事業者でさえも、成長の鈍化は不可避であり、いずれ新たなビジネスの手法を導入する必要に迫られると思われます。

Informa Telecoms & Mediaの最高リサーチ責任者で同報告書の執筆者でもあるMark Newman氏によりますと、過去10年間、モバイル事業者は、音声サービスの収益低下が避けられないと考え、それを埋め合わせるために、音声以外の新たなサービスに対応する戦略やプラットフォーム、サービス内容の開発にまい進してきたといいます。しかし、この取り組みは困難を極めており、ショートメッセージングサービス(SMS)以外のデータサービスの収益は、これまでのところ期待を裏切る状況が続いています。




【 英文市場調査報告書 】



Future Mobile Operator Business Models: Broadband, partnerships and Mobile 2.0 - Worldwide Market Analysis, Strategic Outlook & Forecasts to 2012



将来のモバイルオペレーターのビジネスモデル:ブロードバンド・提携・Mobile 2.0



(リンク »)



出版社Informa Telecoms & Media



出版日2008/04




【 本件に関するお問合せ先 】



株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR