(i-mode・EZweb・Yahoo!ケータイ) 「デコデコメール」 デコメーカー導入に関するお知らせ

日本エンタープライズ株式会社 2008年06月02日

 モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 植田勝典)は、i-mode、EZweb、Yahoo!ケータイ公式サイトとして提供中のデコメール総合サイト『デコデコメール』において、デコメ制作ツール「デコメーカー」を、平成20年6月2日(月)より導入いたします。
 この「デコメーカー」の導入により、お客様が任意で入力した文字を、動くデコメ素材に自動的に変換するなど、オリジナルなデコメ画像のメールを送ることが可能となります。
 当社は、今後もお客様にお喜びいただけるモバイルコンテンツ提供に努めてまいります。


●「デコメーカー」の概要
「デコメーカー」は、お客様が任意で入力した文字を、動くデコメ素材に自動的に変換するツールです。
フォント色や文字サイズ、動きのパターンを選び、簡単にオリジナルのデコメ画像をつくることが可能です。

デコメーカーの種類
①手書きメーカー
  カラフルな手書きデコメがつくれます。
②パステルメーカー
  やわらかホワイトカラーの可愛らしいデコメ画像がつくれます。
③ホラーメーカー
  恐怖感を演出できるデコメ画像がつくれます。

※今後も新しい「デコメーカー」を続々追加致します。(第二弾は、6月下旬サービス開始予定。)



●サイト基本情報
 「デコデコメール」では、当サイトのオリジナルキャラクター素材を中心に、手書き系、顔文字系等、豊富なバリエーションの素材でご好評を頂いております。現在、素材点数は約15,000点以上を取り揃えており、毎日3回の更新で新素材も続々追加。
 有料会員登録にてデコメール素材はもちろん、待受けFlashやFlashゲーム等の全素材をお楽しみいただけます。

【サイト名称】
デコデコメール
【アクセス方法・情報料(税込)】
・i-mode
[iメニュー]⇒[メニュー/検索]⇒[デコメール]⇒ [イラスト] ⇒[デコデコメール]
月額265円
・EZweb
[トップメニュー]または[au oneトップ] ⇒[カテゴリ検索]⇒[メール]⇒[デコレーションメール]⇒[総合]⇒[Eデコデコメール]
月額265円
・Yahoo!ケータイ
[メニューリスト]⇒[メールコンテンツ]⇒[デコレメール]⇒[イラスト・アート・フォト] ⇒[デコデコメール]
月額273円

※月額会員登録にて、全ての各種素材が取り放題となります。
※サイト閲覧、素材ダウンロード時には、別途パケット通信料が必要です。
※サイトのご利用に際し、「パケ・ホーダイ」へのご入会を推奨します。


●本件に関するお問い合わせ
【報道関係の方】
日本エンタープライズ株式会社 総務部 広報・IR課 【担当:松本】
TEL:03-5774-5730  FAX:03-5774-5735  MAIL: ir@nihon-e.co.jp
日本エンタープライズPR事務局(ランドジャパン内) 【担当:久保・渡邊】
TEL:03-5793-3500  FAX:03-5793-3511  MAIL: nihon-e_pr@rd-j.com

【一般の方】
日本エンタープライズ株式会社 サポートセンター
TEL:03-6830-0618  MAIL: dmail-s-q@nihon-e.co.jp


※ 「FOMA」「iモード」「i-mode」「iメニュー」「デコメ」「デコメール」「デコメアニメ」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
※ 「EZweb」「au one」は、KDDI株式会社の登録商標です。
※ 「Yahoo!」は、米国Yahoo! Inc,の商標または登録商標です。
※ 「Flash」は、Adobe System Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国々における商標または登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

デコデコメール

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本エンタープライズ株式会社の関連情報

日本エンタープライズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?