IT システム健全度診断サービスを発表

~ IT 全般統制 健全なシステム運用のために ~

2008年07月10日

株式会社ケイ・ジー・ティーは、企業活動を支えるIT システムが、効率的かつ健全に運用され、事業計画に対して適正なレベルで計画されているかを診断するサービス「IT システム健全度診断サービス」を発表し、本日より販売を開始いたします。

株式会社ケイ・ジー・ティー(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:加藤 浩 以下KGT)は、企業活動を支えるIT システムが、効率的かつ健全に運用され、事業計画に対して適正なレベルで計画されているかを診断するサービス「IT システム健全度診断サービス」を発表し、本日より販売を開始いたします。

本サービスでは、米国の金融機関、大企業を中心に採用され実績のあるシステム全体最適化シミュレーションツール『HyPerfomix IPS Capacity Manager』を用い、短期間で事業計画に基づくIT システムの余力度、将来的なサービスレベルの変化を推測し、潜在的なボトルネック及び改善策を提示します。


■ サービスリリースの背景
金融商品取引法(いわゆるJ-SOX)が施行され、IT 全般統制では企業がIT システムを効果的に活用し、健全で有効な運用を継続するよう求められています。
企業のCIO、システム部門は、現在のシステム運用だけでなく、将来の業務負荷の増加やトランザクション変動に対応可能かを予測し、計画的かつ早期に改善策を実施することにより、健全で継続的な企業の成長を支える責務を持つこととなりました。
一方で、大規模、複雑化するIT システムを全体的に把握し、ボトルネックの解析、改善策の探索を行うには、高度な性能工学知識の習得と経験が必要となりますが、対応できる専門技術者の数も少ないのが現状です。
このような状況の中、KGT では高度なIT 性能工学の方法論に裏打ちされたIT 性能シミュレーションツール『HyPerformix IPS Capacity Manager』 を用いることにより、高度な分析を短期間かつ安価に提供できる診断サービスを商品化するに至りました。
このサービスにより、企業のCIO、システム部門の責任者は、現システムが事業計画に対してどの程度サポートできるか、事業の成長に対して強化すべき対策、その効果を定量的に推測し、適切な投資計画を立案することが可能となります。


■ サービス概要
稼働中のシステム性能モニタデータを基に、現在の稼働状況、将来のボトルネック、処理能力を分析し、システムのムリ・ムダを見える化すると共に、今後の需要予測(事業計画)に基づいたサービスレベルの変化に対する対策を例示します。

価格: ¥840,000(税込)
期間: プロファイリングシート、リソースデータ入手後5 営業日 (結果説明会の日程は別途調整)


=サービスの流れ=

1 【問診】 -評価内容確定(プロファイリングシートの記入)-
 下記の内容をシートにご記入いただきます。
● システム構成(サーバー情報、ネットワーク情報など)
● サービスレベル規定値(目標値)
● アクセスワークロード(種類、量)
● ビジネスシナリオ(想定成長率)


2 【測定】 -性能データ送付-
 対象システムの性能データを取得し、ご送付いただきます。
● HP Performance Insight
● IIM ES/1
● CA eHealth
● NRI Senju Operation Conductor
● SAR
● MS Peformance Monitor
※その他モニタリングツールご使用の場合は、ご相談ください。


3 【診断/フィードバック】-健全度診断実施- -結果説明会-
HyPerformix IPS Capacity Manager を用いて分析し、診断レポートを作成します。また、お客様にお伺いし、診断レポートを基にしたご説明会を実施します。(※1)
● 診断サービスサマリー (※2)
● システム性能分析レポート
● 現状分析
● 将来予測
● 性能ボトルネック解析
● 改善案と効果予測
※1: 遠距離(出発地東京)の場合は、別途交通費(実費)を申し受けます。
※2: 診断サービスサマリーの例は、本リリース文末[添付資料]をご覧ください。


サービス紹介ページ: (リンク »)


■ HyPerformix IPS Capacity Manager について
米国HyPerformix 社の性能シミュレータで、最先端の性能問題の方法論、予測モデル、分析技術が実装され、2000 種類以上のハードウェアモデルを用いてIT システムのミッションクリティカルなアプリケーション性能の予測、最適化、検証を行います。
HyPerformix 社の製品は、米国では金融機関、大企業などで使用され、FORTUNE100 の30%の企業で導入実績があります。


なお、来る2008 年8 月28 日(木)に、「実践! IT システム性能管理セミナー ~キャパシティ管理 先進事例に学ぶ~」を開催します。本セミナーでは、システム性能管理の最新手法をご紹介すると共に、HyPerformix社製品を活用した国内ユーザ事例をご紹介します。セミナーの詳細は、
(リンク ») をご覧ください。



■ お客様からの問い合わせ先 インターネットソリューション事業部
営業部 営業3 グループ
Tel: 03-3225-0767、E-mail: hypx-info@kgt.co.jp


■ 報道関係者からのお問い合わせ先 インターネットソリューション事業部
事業推進部 井手
Tel: 03-3225-0373、E-mail: is-promo@kgt.co.jp


■ 株式会社ケイ・ジー・ティー (KGT Inc.) 会社概要
サイバネットシステム株式会社の100%子会社として、コンピュータソフトウェアの開発、販売ならびに、コンピュータシステムの開発・販売及び運用に関するコンサルテーションを提供しています。汎用可視化ソフトウェア販売、コンサルテーションを行うビジュアリゼーション事業と、内部統制ソリューション、IT システムのキャパシティ管理ソリューション等を提供するエンタープライズソリューションソフトウェア、ならびに世界的に評価の高いネットワーク、セキュリティーソフトウェアの販売サポートを行うインターネットソリューション事業を中心に顧客ニーズに対応しています。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

ITシステム健全度診断サービスサマリー(例)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!