話題の最新刊『お客をつかむウェブ心理学』(同文舘出版)出版記念キャンペーン第二弾開催中!!

ネクストサービス株式会社 2008年08月01日

From DreamNews

話題の最新刊『お客をつかむウェブ心理学』川島康平(著)の出版記念キャンペーン第二弾を開催します。8月8日(金)までにショッピングサイトアマゾンもしくは書店にて対象の書籍をお買い求めいただいた方、全員にキャンペーン限定特典「儲かるキャッチコピーひとくち辞典100」(PDF)をプレゼント。

■対象商品
『お客をつかむウェブ心理学』
なぜ、このサイトをクリックしてしまうのか?

価格:1,575円(税込)
著者:ウェブ商人川島康平
発行:同文舘出版



■キャンペーン特典
【非売品】
儲かるキャッチコピーひとくち辞典100



■キャンペーン期間
2008年8月8日(金)まで



■キャンペーン内容
書籍『お客をつかむウェブ心理学』(1,575円)をショッピングサイトアマゾンもしくは書店にてお買い求めいただいた方、全員にキャンペーン特典をプレゼントします。

※注意事項
書籍を購入するだけでは特典はもらえません。購入後、キャンペーン専用ページ内「キャンペーン参加フォーム」よりお申し込みください。



■今度は辞典だ!プレゼントキャンペーン
(リンク »)




■本書のエッセンス(一部)
・ たかの由梨さんがエステ業界に革命を起こした広告とは?
・ 占い師が高額なバックエンド商品を売りまくるテクニックとは?
・ ペプシコーラの信じられない比較広告の表現とは?
・ 映画監修にまつわる業界の裏事情とは?
・ 自殺したアーティストの作品が世に出続ける理由とは?
・ アメリカ第三十代大統領カルヴィン・クーリッジに残された逸話とは?
・ 現代の病院でも使われている秘密の薬の正体とは?
・ デリヘルが急成長を遂げる背景に隠された男の心理とは?
・ ベストセラー「7つの習慣」が爆発的に売れたもう1つの理由とは?





■本書で得られるウェブノウハウ(一部)
・ 「比較」を目に見せる写真の撮り方、使い方
・ アナログ的で人間臭いWebコンテンツ
・ Web2.0的キャンペーン
・ 画面を強制的に真っ暗にする表現手法と、その意味
・ 日本人の五感に訴えるライティング技術
・ 訪問者の「買わない理由」を無くすテクニック





■書籍詳細
□今日から使えるウェブ効果論
 ハロー効果
 バンドワゴン効果
 シャルパンティエ効果
 吊橋効果
 フォールス・コンセンサス
 スリーパー効果
 プラシーボ効果
 初頭効果
 親近効果
 ストループ効果
 クレショフ効果
 ベビーフェイス効果




□お客を導くウェブ行動論
 ツァイガルニック効果
 カクテルパーティ効果
 ザイオンス効果
 宣言効果
 マジカルナンバー7
 噴水効果
 シャワー効果
 エスカレーター効果
 リフレーミング
 コントラスト効果
 テンション・リダクション
 クーリッジ効果




□お客をとりこにするウェブ感情論
 バーナム効果
 罰への欲求
 両面提示・片面提示
 暗黙の強化
 エピソード記憶
 視線解析
 希少性の原理
 サブリミナル効果
 カリギュラ効果
 成果の評価基準
 プライミング効果
 コンコルド効果
 ピグマリオン効果




□お客をつかむウェブ思考論
 アフォーダンス理論
 自己正当化
 想起集合
 連合の原理
 バイスタンダー・エフェクト
 オトリ効果
 寛大効果
 同調効果
 マッチングリスク意識
 準拠集団
 自己開示
 モデリング
 相乗効果





■本書で得られること
・お客の心をつかむWebコンテンツとはどんなものか具体的に分かります。
・感情を揺さぶるコピーライティングの考え方が自然に頭に入ります。
・ウェブ+リアルの複合的なマーケティング戦略が理解できます。
・ビジネスシーンや日常生活で役立つ心理学が楽しく身につきます。





■今度は辞典だ!プレゼントキャンペーン
(リンク »)





□キャンペーン主催
ネクストサービス株式会社
350-1301 埼玉県狭山市青柳194-1
Tel 04-2969-2230
Fax 04-2953-0152
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?