トリプルプレイのオペレーターはコンテンツおよびブランディングの課題を克服することが必要

株式会社グローバル インフォメーション 2008年08月14日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Analysys Masonの発行する最新の英文調査報告書「Multi-play Services in Western Europe: market sizings and forecasts 2008-2013」の販売を開始いたしました。

コンテンツ、ブランド力および顧客サービスの課題は、トリプルプレイの顧客数増加に向けたオペレーター戦略を妨げています。通信やIT、メディアなどが専門のコンサルタント会社Analysys Masonが発行した報告書「Multi-play Services in Western Europe: market sizings and forecasts 2008-2013」によると、トリプルプレイ(音声・インターネット・有料TV)市場は未だその潜在力を十分に発揮していません。西欧におけるマルチプレイサービスの市場規模および2008年~2013年の予測では、2007年以来、年平均17%の成長を示し、トリプルプレイのパッケージ契約世帯数は、2013年の末までに3,110万に増加する見込みです。トリプルプレイサービスへの支出は2013年までに148億ユーロへ増加するでしょう。この成長は主にIPTVサービス利用の継続とケーブルネットワークのアップグレードによって促進される見込みです。




3つすべてのサービスが利用できるにもかかわらず、ユーザーの30%以上がトリプルプレイのパッケージ契約をしているプロバイダーは少数です。トリプルプレイは、ユーザーにとって非常に便利であるという魅力的な提案を示すべきですが、以下のような非技術的理由により、導入は期待されていたよりも遅れています。

・革新的なTVコンテンツの不足
・コアサービスにおける弱いブランド力
・質が悪い顧客サービスの後遺症


【 英文市場調査報告書 】



Multi-play Services in Western Europe: market sizings and forecasts 2008-2013



西欧におけるマルチプレイサービス市場:市場規模および予測(2008~2013年)



(リンク »)



出版社Analysys Mason



出版日2008/07




【 本件に関するお問合せ先 】



株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR