調査結果「6割がケータイの電池が切れると不安に、うち4割は充電器を携行」

株式会社アイシェア 2008年10月13日

携帯電話の充電器を「常に持ち歩いている」のは10人に1人。「たまに持ち歩 いている」をあわせると約3割が携行派で、女性より男性、世代が低いほど携 行率が高かった。携行する充電器の種類は「コンセント式」が6割強と最も多 いが、「簡易式:電池交換可」、「USB式」も3割にのぼった。携帯電話の電 池切れについては全体の6割、女性や30代では7割近くが「不安になる」と回 答。「不安になる」と答えた人の充電器携行率は4割弱と「不安にならない」 人を20ポイント近く上回り、充電器携行の背景には携帯依存があることを伺 わせた。

 6割がケータイの電池が切れると不安に、うち4割は充電器を携行
 発表URL: (リンク »)

<調査概要>
携帯電話の充電スポットが充実する傾向にある一方、持ち歩ける充電器も手
軽に手に入るようになった。携帯電話の充電器を携行している人はどれほど
いるのだろうか。またどんなタイプの充電器を持ち歩いているのだろうか。
20代から40代を中心とするネットユーザー422名の回答を集計した。

外出時に携帯電話の充電器を「常に持ち歩いている」と答えたのは全体の10.0
%、「たまに持ち歩いている」のは20.9%。あわせても3割と少数派ではある
が、コインチャージできるコンビニや携帯ショップなど町なかの充電スポッ
トが充実する中、場所や時間にとらわれずに充電したい人の存在として注目
される。

男性で充電器を「常に持ち歩いている」と回答したのは、女性の2倍以上にあ
たる12.9%で、男性のほうが常備率が高かった。また「常に」「たまに」を
あわせた携行率を年代別に見ると、20代で40.0%、30代で31.3%、40代で
27.5%。年代が下がるほど携行率が高くなっていた。

持ち歩いている充電器のタイプを複数回答形式で答えてもらったところ、
「コンセント式」が63.1%でトップ。主流となっている様子だが、「簡易式
:電池交換可」「USB式」も3割以上の人が持ち歩いており、充電シーンの多
様さを伺わせた。以下、「簡易式:充電電池内蔵」「使い捨て」「ソーラー
電池」は5%未満だった。

携帯電話の電池切れが不安になるか聞いたところ、62.8%が「不安になる」
と回答。中でも女性と30代では、男性や他の世代を上回る7割近くが「不安に
なる」と答え、女性や30代の「携帯依存」傾向が高いことを伺わせた。また
「不安になる」と答えた人の38.1%が充電器を「常に」または「たまに」携
行。「不安にならない」とした人の携行率を20ポイント近く上回り、携帯依
存の傾向が充電器の持ち歩きにつながっていることを伺わせた。

<調査データ>
・外出時に携帯電話の充電器を持ち歩いていますか?
・どんなタイプのものを持ち歩いていますか?
・携帯電話の充電が切れると不安になりますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:422名
調査日:2008年9月27日~29日
男女比:男性:57.1% 女性:42.9%
年代比:20代:9.5% 30代:49.3% 40代:32.7% その他:8.5%

 ────────────────────────────────
 「携帯充電器に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR