MAPLUS E-100MP対応!KIJIMA製バイクキットを販売開始。

株式会社エディア 2008年12月01日

株式会社エディア(本社:東京都千代田区 / 代表取締役:伊藤伸一)は、2008年8月に発売したナビゲーション製品『MAPLUS(マップラス)E-100MP』(以下MAPLUS本体)のオプション品として、オートバイ用取付キットを株式会社キジマ(本社:東京都荒川区 / 代表取締役:木嶋孝一)と共に開発し、『MAPLUS用バイクキット EOP-100MP-C18』(以下MAPLUS用バイクキット)として本日より発売いたします。

オートバイでの精密機器の使用は、車や徒歩での使用と異なり、予想もできないような振動や衝撃などを受ける可能性のある過酷な環境での使用となります。そのような環境においてMAPLUS本体を安全に、かつ利便性を最大限に活用していただくため、オートバイ製品のカスタムに高い技術力と創造力を誇る株式会社キジマのノウハウを随所に活かし、製品化いたしました。
MAPLUS用バイクキットは、パイプハンドル用のバイクマウントに、バイクマウント専用クレードル、配線キット、脱落防止ストラップがセットになっており、また、取り付けに使用する六角レンチセット、タイラップが付属します。

【主な特徴】
■バイクマウント・専用クレードル
堅牢なオール金属製です。ハンドル取付部は国産二輪車用標準ハンドルのφ22.2mm、輸入二輪車用インチ径ハンドルのφ25.4mmの2種類のマウントが付属しており、パイプ径に合わせ交換して使用します。MAPLUS本体を取り付けるトッププレートは、ハンドル取付部側2ヶ所(水平360度8箇所、垂直180度)、トッププレート側1ヶ所(ボールヘッド)の計3箇所で、自在に向きを変えられます。さらにトッププレートは専用クレードルをタテ・ヨコの両方向に固定できるようになっており、MAPLUS本体の大きな特長である縦方向の画面表示に対応します。ハンドルのグリップ付近にしか取り付けられる部分がない車種や、MAPLUS本体を横方向に取り付けることができない車種にも設置が可能です。
■脱落防止ストラップ
MAPLUS本体に取り付け、バイクマウントに通して使用します。万一ステーからMAPLUS本体が外れた場合も地面への落下を防ぎます。
■電源キット
オートバイのバッテリーからシガーライターソケット電源を設置できる電源キットが標準で付属します。MAPLUS本体付属のDCケーブルと組み合わせて使用することで、長時間のツーリングも安心です。

MAPLUS E-100MP専用 KIJIMA製バイクキット 概要
名称: KIJIMA製バイクキット
型番: EOP-100MP-18
JANコード: 4560286833182
取付可能モデル: MAPLUS E-100MP
対応パイプハンドル: 22.2mm / 25.4mm
発売日: 2008年12月1日
価格: オープン
市場想定価格: \13,000-(税込)
セット内容: マウントキット(22.2mm / 25.4mm)・専用クレードル・電源キット・脱落防止ストラップ・
専用六角レンチセット・取扱要領書
質量: 約239g
製造元: 株式会社キジマ
製造国: 米国
販売元: 株式会社エディア

■お問い合わせ先
【お客さまのお問い合わせ窓口】
株式会社エディア MAPLUSサポートダイヤル
TEL.03-3257-7100( 受付時間:10:00~17:00 土・日・祝日、弊社休日を除く)
【報道関係のお問い合わせ窓口】
株式会社エディア ナビゲーション事業部 担当:水戸
TEL.03-5209-8085(直通)、03-5209-7301(代表)
当社ホームページの下記、問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

バイク取り付けイメージ(ヨコ)

用語解説

※「MAPLUS」は株式会社エディアの登録商標です。
※当資料に記載されている社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
※商品の仕様・価格、発売時期は予告なしに変更することがあります。掲載画面は実際の表示と異なる場合があります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エディアの関連情報

株式会社エディア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!