Pigeon Point Systems社、アドバンスト・インシェルフLAN接続機能を備えたTCA管理コントローラ・ソリューションを提供

~同時にFusionミックスド・シグナルFPGAおよびRenesas H8Sマイクロコントローラ向けのAdvancedTCA規格R3.0を初めてサポート~

アクテルジャパン株式会社 2009年08月06日

Pigeon Point Systems(PPS)社およびアクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、ボード・マネジメント・リファレンス(BMR: Board Management Reference)スターター・キットのアップデートを発表しました。このアップデートは、Network Controller Sideband Interface(NC-SI)規格によるアドバンスト・インシェルフ・ネットワーク接続を初めてサポートするなど、革新的なTCA管理コントローラ・ソリューションを提供します。NC-SIのサポートは、アクテルFusion<R>ミックスド・シグナルFPGAをベースとしたBMRソリューションに導入されています。これらのソリューション、およびRenesas<R>H8Sマイクロコントローラをベースとした関連するソリューションによって、AdvancedTCA<R>規格であるPICMG<R> 3.0のR3.0が初めてサポートされます。

Pigeon Point Systems社の社長、Mark Overgaard氏のコメント
「Pigeon PointによるAdvancedTCA管理コントローラ向けBMRソリューションは、Fusionミックスド・シグナルFPGAとRenesas H8Sマイクロコントローラの両方でAdvancedTCA規格R3.0を最初にサポートすることにより、引き続き業界をリードしています。アドバンスト・インシェルフ・ネットワーク接続の機能は、Fusionミックスド・シグナルFPGAをベースにしたBMRソリューションをアップデートすることでサポートされるようになります。これはFPGAベースの管理コントローラの優れた柔軟性を示すものです。NC-SI規格に準拠する管理コントローラでは、Reduced Media Independent Interface対応のイーサネットMACが必要ですが、このソリューションでは、FPGA設計にアクテルのCore10/100イーサネットMAC DirectCore機能を搭載するだけで実現できます。」

Pigeon Point Systems社は、アクテル製品の独自機能を強化する先進の機能を提供し、規格準拠と相互運用性、およびAdvancedTCA/AdvancedMC<TM>管理コントローラ・ソリューションにおいて引き続き業界でのリーダーシップを発揮しています。これらの新しいソリューションは、アクテルのFusionミックスド・シグナルFPGAでのみ対応可能な先進の機能サポートにより、インシェルフ・ネットワーク接続へのBMRサポートを促進しています。また、これらのソリューションは、AdvancedTCA規格の最新のリビジョンに準拠し、アクテルのコア製品であるFusionおよびRenesas H8Sのいずれにも対応可能です。FusionベースのBMRソリューションで提供される新しい先進の機能によって、PPSの現在のユーザーおよび新規のユーザーにとって、新しい管理コントローラを導入する際の一層魅力的なソリューションが実現されます。

AdvancedTCA基板の管理コントローラ向けのインシェルフ・ネットワーク接続は、これらの高速接続によって、オンボードのシリアル・インターフェイスへのリモート・アクセスや管理コントローラ・ファームウェアの迅速なアップデートなど、使いやすさの向上と運用コストの削減につながる多様な目的のために使用できます。AdvancedTCA規格のメジャー・リビジョンであるR3に準拠することで、フィールドにおけるユニット単位でのインテリジェントな交換(FRU)が可能になるなど、価値の高い機能を実現し、AdvancedTCA製品が規格の新しいリビジョンに対応するためのトレーサビリティを向上させています。

Fusionベースおよびその他のBMRスターター・キットの詳しい情報は、
(リンク ») をご覧いただくか、電子メールにて
info@pigeonpoint.comのアドレスまでお問合せください。


Fusionミックスド・シグナルFPGAの詳しい情報は、次のウェブサイトをご覧ください。
(リンク »)

Pigeon Point Systemsについて
Pigeon Point Systems社はアクテルの完全子会社であり、AdvancedTCA、AdvancedMC、MicroTCAの各アーキテクチャをベースとするモジュラー・プラットフォーム向けに、ワールドクラスの管理コンポーネントを世界の一流企業に納入しています。これらのアーキテクチャで必須となる管理コントローラ向けに、実績のある確かなソリューションを提供するというPigeon Point社の方針によって、顧客は安心して自身の製品への付加価値ビジネスに専念できます。これらのアーキテクチャでの豊富な経験により、Pigeon Point社が提供するコンポーネントの標準規格への準拠と相互運用性が確保されています。

PICMGのエグゼクティブ・メンバーであるPigeon Point社はAdvancedTCA、AdvancedMC、およびMicroTCA分科会のリーダーを務め、その他にも多くの技術分科会で活動しています。また、Pigeon Point社は、Service Availability Forum<TM>のメンバーとして貢献しており、HPIワーキング・グループのリーダーも務めています。Pigeon Point Systems社の詳しい情報は、ウェブサイトwww.pigeonpoint.comをご覧ください。

アクテルについて
アクテルは低消費電力とミックスド・シグナルFPGAのリーダーで、システムならびに電力管理の広範囲にわたる製品群を提供しています。アクテルは、電力が課題(=Power Matters)だと考えています。詳しい情報はウェブサイト (リンク ») をご覧下さい。



※ Actel、IGLOO、Actel Fusion、ProASIC、Libero、Pigeon Point、および関連するロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクテルジャパン株式会社の関連情報

アクテルジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。