PC2-8500(DDR2-1066MHz)規格のデスクトップ用240Pin 容量4GB(2GB×2枚セット)、CL=5-5-5-15、EPP対応、Airflowファン同梱! DOMINATOR GTシリーズ CMG4GX2M2A1066C5 発売

株式会社リンクスインターナショナル 2009年09月17日

Corsair Memory正規代理店株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島義之)は、PC2-8500(DDR2-1066MHz)規格のデスクトップ用240Pin DDR2メモリ、容量4GB(2GB×2枚セット)DOMINATOR GTシリーズ CMG4GX2M2A1066C5を2009年9月19日より全国のPCパーツ専門店にて発売開始いたします。

DOMINATOR GTシリーズ CMG4GX2M2A1066C5は、PC2-8500(DDR2-1066MHz)規格のデスクトップ用240Pin DDR2メモリです。デュアルチャンネルに対応した2GBメモリの2枚セットです。IntelとAMD両方のプラットフォームに対応します。冷却用のAirFlowファン同梱モデルです。

DOMINATOR GTモジュールは、厳密なテストとスクリーニングを実施し、最適なものだけを選定したメモリモジュールです。選別されたチップは高い信頼性能をもちます。また各機器との相互運用性や各ICの高周波性能、低レイテンシ性能のテストを徹底的に行い、厳しい基準をクリアしています。

放熱を最大化すると同時に信頼性を向上させるCorsair Memory独自の冷却技術DHX(Dual-Path Heat Exchange)を搭載しています。DHXは伝導と対流という 2 つの熱消散経路で従来では難しかったプリント板(PCB)内の冷却※を実現しています。

※標準のチップパッケージ方式ボールグリッドアレイ(BGA)では、グリッドとして編成されたはんだボールの端子が回路基板に接続するリードとなり、チッ プから生成される熱の50%がプリント板へ伝導されます。そして従来のヒートシンクは、チップの前面にしか取り付けられないため、チップの背面から生じる 熱を除去することができませんでした。Corsair Memory独自の冷却技術DHXは、この問題を解決しています。

NVIDIAとCorsairが共同開発したEPP(Enhanced Performance Profiles)機能により簡単に安定したオーバークロックを行うことができます。NVIDIAとCorsairは、SPD(Serial Presence Detect)を向上させる新しい規格を共同開発しています。この大胆な共同開発により、プラットフォームとコンポーネントの互換性を保ちながら、オーバークロックを行えるようになりました。EPP互換マザーボードにて、追加のパフォーマンス機能や情報にアクセスして利用できます。

型番はCMG4GX2M2A1066C5。容量は2GB×2枚の合計4GB。メモリ規格はPC2-8500(DDR2-1066MHz)、デスクトップ用 240Pin DIMMメモリ。転送クロックは1066MHz。CASレイテンシはCL=5-5-5-15。ヒートシンクを搭載。サイズは53×133mm。 AirFlowファンを同梱しています。 永久保証が提供されます。RoHS適合した環境にやさしい製品です。




■CMG4GX2M2A1066C5 製品特徴

・EPP対応PC2-8500(DDR2-1066MHz)メモリ
・オーバークロック性能を実現したDOMINATOR GT
・放熱を最大化する独自の冷却技術DHX
・プリント板も冷却する優れた伝導熱消散
・オーバクロック機能 EPP搭載
・AirFlowファン同梱
・Corsair Memory永久保証

-高解像度
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

-製品情報ページ:
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]