編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

1箱1円からご利用可能な書類箱保管サービス開始・集荷無料キャンペーン実施!

ストレージサービス株式会社

From: DreamNews

2011-11-29 15:00

震災などを危惧した書類の分散保管また個人情報の保護が重要視される昨今、社外倉庫に保管することでより安全に書類を保管し、機密情報の漏洩の危険からも守るニーズが高っています。

ストレージサービス株式会社は、プライバシーマークを取得し、昭和63年より、官公庁様や大手企業様などからご契約いただき、重要書類の保管から廃棄まで一連の業務を承っております。現在6倉庫により約36万箱の保管状況です。書類箱は高さ約6mの移動棚により保管することでセキュリティ面でもご安心いただけます。

この度、新サービス開始により、契約期間などにとらわれず1箱からでもお預かりすることが可能となりました。全国一律集配料金や1日単位の課金など料金面でも自信を持っておすすめします。



【会社概要】
会社名 ストレージサービス株式会社
代表  代表取締役 隅田博
本社  大阪市西区南堀江4-21-14

【本件に関するお問い合わせ先】
ストレージサービス株式会社 書庫事業部
大阪府豊中市服部寿町2-20-1
担当  安藤 
TEL 06-6866-2362
FAX 06-6533-9732
E-mail:info@syorui-kanri.com
サイト: (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]