「子供のパソコン利用に関する親の意識調査」

子供のパソコン利用開始は、小学1・2年から「将来性を考えて」。パソコンを利用するメリットとして、「好奇心が旺盛になる」、「親子のコミュニケーション増」などが多い。

株式会社クロス・マーケティング 2012年04月04日

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国の「4-12歳までの子供を持つ女性(※パソコン所有者)」500人を対象に、「子供のパソコン利用に関する親の意識調査」を実施いたしました。

報道関係各位

平成24年4月4日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ3629)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~子供のパソコン利用開始は、小学1・2年から「将来性を考えて」。
   パソコンを利用するメリットとして、「好奇心が旺盛になる」、
      「親子のコミュニケーション増」などが多い

    子供にIT教育をしてほしい著名人は「尾木ママ」がトップ。

      -「子供のパソコン利用に関する親の意識調査」-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国の「4-12歳までの子供を持つ女性(※パソコン所有者)」500人を対象に、「子供のパソコン利用に関する親の意識調査」を実施いたしました。


■調査背景・目的

日本はパソコンの世帯普及率が約8割であり、先進国と比べてもやや劣っている昨今、子供がいる家庭の「子供のパソコン利用状況」を把握するとともに、親は「子供がパソコンを使うこと(使わせること)」にどのような意識を持っているのか?また、子供にパソコンを使わせることにおいてのメリットや、不安要素はどのようなものなのか?を明らかにする調査を行いました。

■調査結果トピックス

・子供のパソコン利用は全体の約8割。利用開始は平均6.7歳から。
 (※一番早い人で1歳という人も) 

・パソコンを利用するメリットは「好奇心が旺盛になった」や「親子のコミュニケーションが増えた」が多い。

・また、その他の意見としては、「語学が強くなった(アルファベット、漢字を覚える)」という意見もあがっている。

・パソコンの利用内容(各コンテンツ毎の利用時間TOP3)は、テレビ・DVD鑑賞、掲示板・チャット、オンラインゲームが多い。

・子供の「将来性」を意識!?パソコン利用要因の上位に。
(※「子供の自発的利用」以外の理由)

・パソコンを利用をさせることの不安要因は、“(長時間プレイが原因と思われる)視力低下”や“不健全なサイトへのアクセス”が6割を超えて多い。

・パソコンの利用上の注意点は、「母親」から教わっている子供が7割で最も多い。

・母親が選ぶ「わが子にIT教育をしてほしい著名人」は、「尾木直樹(尾木ママ)」がトップ。


◆自主調査レポートの続きはこちらへ
⇒ (リンク »)


【調査概要】

調査手法  : インターネットリサーチ
       (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象  :全国の「4-12歳までの子供を持つ女性(※パソコン所有者)」         
調査期間  : 2012年2月25日(土)~2012年2月28日(火)
有効回答数 : 500サンプル
回答者属性 : 子供の年齢により割付。



◆調査内容に関するお問合せ先◆
株式会社クロス・マーケティング  担当:大島、天井澤(あまいざわ)
TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp

【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クロス・マーケティングの関連情報

株式会社クロス・マーケティング

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]