OSSの概念を取り入れた業界初の試験「PHP技術者認定ウィザード2012」を発表

~業界初の匿名公開論文審査方式にて、5月5日より受付開始(無料)~

一般社団法人PHP技術者認定機構 2012年04月17日

特定非営利活動任意団体PHP技術者認定機構(理事長:吉政忠志、所在:東京都世田谷区、以下「PHP技術者認定機構」)は、最上位資格である「PHP5 技術者認定ウィザード2012」の審査要綱を発表するとともに2012年5月5日から論文を受け付けることを発表しました。

なお、「PHP5 技術者認定ウィザード2012」は業界貢献を目的としているため無料で行い、PHP5技術者認定上級試験の合格者が申し込むことができます。今後の試験情報は公式twitterアカウント「@phpexam」でも、公開していきます。

【PHP5技術者認定ウィザード2012審査要綱】
認定基準:
・PHPの発展に貢献できる知識と発想力を持つこと

カテゴリと認定人数:
・PHP5技術者認定セキュリティ・ウィザード 2012 (3名:序列なし)
・PHP5技術者認定パフォーマンス・ウィザード 2012 (3名:序列なし)
・PHP5技術者認定フレームワーク・ウィザード 2012 (3名:序列なし)
・PHP5技術者認定インターナル・ウィザード 2012 (3名:序列なし)

応募資格:
・PHP5技術者認定上級試験に合格してから2年以内
 ※PHP技術者認定上級試験については以下をご覧ください。
  試験サイト: (リンク »)
  模擬問題サイト: (リンク »)
・期日までの所定の論文(1500文字以上)の提出 ※コードでの提出も可能
・年間で各カテゴリにつき1本の論文のみ提出可能(複数カテゴリの応募可能)
・公開審査になりますので、提出レポートに対して無料の領布権を当機構に付与
することに同意すること

論文提出期間と受付場所:
・2012年5月5日(土)~同年8月31日(金)
・PHP技術者認定機構Webサイトにて受け付けます。

スケジュール:
・2012年5月5日(土)受付開始
・同年8月31日(金)レポート提出締切り
・同年9月1日(土)~9月30日(日)縦覧期間+投票期間
・同年10月25日(金):認定者発表
・同年12月 認定者の中から秀逸な作品のプレゼンテーション

投票資格と票数:
・上級試験合格者 2票
・初級試験合格者 1票
※初級・上級を持っている人は合計3票とします。
・顧問・役員   3票
・認定スクール  3票
※理事会、諮問委員会の両方で棄権票を除く票の過半数を超える否決の場合は非承認とします。
※棄権票、該当なし投票が可能です。

認定基準:
・各カテゴリで得票数上位3名に入ること
・全体の得票数の20%の得票もしくは100票を得ること
但し、
・各カテゴリ毎で該当なしが最多得票数を上回った場合は、認定者無しとする
・各カテゴリ毎で該当なしが2位の得票数を上回った場合は、認定ウィザード枠は1名となる
・各カテゴリ毎で該当なしが3位の得票数を上回った場合は、認定ウィザード枠は2名となる
・各カテゴリ内で3位の得票数が同数となったばあい、得票同数分を認定ウィザードとする

PHP技術者認定ウィザード2012記念品:
以下の画像メダルになります。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

一般社団法人PHP技術者認定機構の関連情報

一般社団法人PHP技術者認定機構

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]