日立ソリューションズが大規模向けソフトウェア開発支援製品を販売開始

ビルドからリリースまでの作業の効率化を図り、コストの低減と品質の向上を実現

株式会社日立ソリューションズ 2012年05月08日

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、Electric Cloud, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mike Maciag/以下、Electric Cloud社)が提供する、ソフトウェア開発プロセス自動化製品「Electric Commander」とビルド高速化製品「Electric Accelerator」を、5月9日から販売開始します。これらは、大規模なソフトウェア開発における作業の迅速化や効率化を図り、お客様の開発コストの低減と品質の向上を実現する製品です。15カ国約150社の企業に導入され、その業種は、ネットワークから半導体、通信、ソフトウェア開発、インターネット、自動車、医療、金融など多岐にわたります。


 近年、情報家電や電子機器など、さまざまな産業の製品開発においてソフトウェア開発の規模が拡大しており、企業ではその開発時間の短縮が課題となっています。また、開発拠点の分散化や開発手法の多様化が進み、人的な開発工程の管理は限界に達しており、効率良く統合管理できるシステムの必要性が高まっています。
 「Electric Accelerator」は複数のPCでビルド(*1)を並列処理させることで、大幅な開発時間の短縮とPCの有効利用を実現するもので、導入した企業ではビルド処理の時間を1/3~1/6(*2)に短縮することができました。また、「Electric Commander」はソフトウェアの開発工程の統合管理を実現し、お客様の開発作業の効率化と品質向上を実現します。具体的には、ビルドからテスト、リリースまでのワークフローを定義し自動化するとともに、ツールによるテストなどの各プロセスの処理を自動化し、その結果をリアルタイムにメール等で担当者に伝えます。これにより開発工程の可視化やテスト漏れの防止を図り、人的な作業負荷を低減することが可能となり、導入した企業では、ビルドからリリースまでの開発時間を1/2~1/78(*2)に短縮することができました。

(*1)ビルド:ソフトウェアのソースコードをPC上などで実行可能な形式に変換する工程
(*2):Electric Cloud社調べ


 日立ソリューションズは、本製品の性能をお客様が最大限に活用できるように導入サービスを提供します。「Electric Commander」ではお客様特有の開発環境や手法に最適なワークフローを定義し、また、「Electric Accelerator」では初回のビルド処理がお客様の環境に最適化するまで解析作業を行います。
 また、日立ソリューションズは、モノづくり支援ソリューション「MICrew(エムアイクルー)」(後述)のサービスのひとつとして両製品を提供することで、お客様の開発作業の効率化と品質の向上を幅広く支援します。


日立ソリューションズは「Electric Commander」および「Electric Accelerator」を、ソフトウェア開発会社をはじめ、金融業、製造業など幅広い業種のお客様に提供するとともに中国へと販売を拡大し、2015年度までに12億円の売上を目標とします。


■ Electric Cloud社 CEO Mike Maciag氏のメッセージ
"We are pleased and excited to be working with Hitachi Solutions - one of the largest and most well-respected system integrators in Japan. This agreement should bring Electric Cloud software automation solutions to many important Japanese IT organizations."
(私たちは、日本の優れたシステムインテグレーターのひとつである日立ソリューションズ社とともに仕事することを大変光栄に思い、楽しみにしています。この提携によって、日本の重要なIT企業やIT部門にElectric Cloudの製品を提供できることを期待しています。)


■ モノづくり支援ソリューション「MICrew(エムアイクルー)」について
日立ソリューションズの技術者がお客様の開発現場に入り、現場視点でのヒアリングや実績データ分析などにより、現状のQCDの課題を抽出します。また、さまざまな業種のシステム構築で培った知識と当社が長年培ってきたソフトウェア開発に関わる分析・診断、開発プロセス、教育、技術・手法、開発環境、ツールといった総合力を活かして、お客様とともに現場で課題解決を図り、お客様のQCDの改善を図ります。
<MICrewご紹介ページ: (リンク ») >

■ 価格
製品・サービス名
価格(税込)

導入支援サービス
個別見積


Electric Commander
マネージャ:9,450,000円
エージェント:630,000円


Electric Accelerator
クラスタマネージャ:3,150,000円
エージェント:367,500円


Electric Insight
2,415,000円


保守サービス
製品価格の18%/年


■ 販売開始時期
2012年5月9日

■ 製品紹介URL
(リンク »)


■ 展示会
展示会名
ソフトウェア開発環境展(SODEC)


日程
2012年5月9日(水)~11日(金)


会場
東京ビッグサイト 第3ホール ブースNo.東17-3


詳細
(リンク »)


<商品・サービスに関するお問い合わせ先>
URL: (リンク »)    Tel:0120-571-488


<報道機関からのお問い合わせ先>
担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:宮本、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com


※ 「Electric Commander」、「Electric Accelerator」は、Electric Cloud, Inc.の登録商標です。
※ 「MICrew」は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]