◎現代アーティスト、ラバラマの新作をネット販売 Vecchiato Art Galleries

Vecchiato Art Galleries 2013年07月24日

From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎現代アーティスト、ラバラマの新作をネット販売 Vecchiato Art Galleries

AsiaNet 53749
共同JBN 0850 (2013.7.24)


【パドバ(イタリア)2013年7月22日PRN=共同JBN】
*シルク・ドゥ・ソレイユとのコラボを成功させたばかりの女性現代アート彫像家、Rabarama(ラバラマ)の新作は人類とテクノロジーとの衝突を描いている
*限定品数の鋳造作品はアーティスト自身がインターネットを通じて販売する

国際的アーティスト、ラバラマ( (リンク ») )は最高級の伝統的なイタリアン鋳造方式で新しく小さなブロンズ製の限定版作品を制作。作品はE-GENETICと名付けられ、1000個だけが鋳造された。インターネットが新しい人類を持ちこみ、われわれの生活に及ぼした影響に触発されて制作された。ラバラマは芸術家としてのキャリアの早い時期から突然変異や運命、身体、そしてテクノロジーにインスピレーションを受けてきた。

    (Photo: (リンク ») )

国際的なアーティストの芸術作品( (リンク ») )がインターネットで展示され、オンラインでコレクターに販売される初めてのケースになる。

▽ E-GENETICについて
2013年に制作されたE-GENETICは、自分のコレクションに将来性のある特別な現代作品を手の届く価格で求めている初心者コレクターをターゲットにしている(E-GENETICの価格は一体2000ユーロ以下)。E-GENETICを購入したコレクターは、わずか1000人のオーナーグループの一員としてネット上での特典が与えられる。ソーシャルネットワークを通じてインターネットおよびその人々の生活や文化に与える影響、現代アート、芸術的アバンギャルドなどのテーマについてラバラマと直接対話できること、などである。

作品は高さ 21.5cm、奥行き 17.5cm、幅 16.5cm

▽ラバラマについて
ラバラマは1969年生まれ。世界各地で作品が出展された彫像家。世界中の代理人はVecchiato Art Galleries( (リンク ») )。しばしばエキセントリックなポーズをとっている男性と女性、それにハイブリッドクリーチャーの彫像作品はパリから上海までの公共スペースで展示されたことがある。作品は第54回ベネチア国際ビエンナーレでも特別展示された。

より詳しい情報は次のサイトで: (リンク »)

▽Vecchiato Art Galleriesについて
Vecchiato Art Galleriesは1986年創業。現代イタリアのさまざまな作家の代理業務を行っている。より詳しい情報は以下を参照:
ウェブサイト: (リンク »)
ブログ: blog: (リンク »)
Facebook:: vecchiatoartgalleries
   ( (リンク ») )
Twitter: @vecchiatoarte ( (リンク ») )
YouTube: Vecchiatoarte ( (リンク ») )

▽問い合わせ先
Vecchiato Art Galleries
Via A. da Padova, 2
35137 Padova (PD) - Italy
info@vecchiatoarte.it
tel.  +39(0)49-8561359
fax  +39(0)49-8710845;

Andrea Furlan
andrea@vecchiatoarte.it
telephone +39(0)49-8561359

ソース:Vecchiato Art Galleries

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]