編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「続編」という名を持つクロスバイク。2013年秋冬カラーを身にまとった人気モデルの”続編” 自転車を発売

ビーズ株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2013-07-31 09:00

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013/7/30

ビーズ株式会社

「続編」という名を持つクロスバイク。2013 年秋冬カラーを身にまとった人気モデルの” 続編” 自転車を発売

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、新製品「DOPPELGANGER D29 SEQUEL(シークウェル)を発売します。
 ”SEQUEL” は「続編」という意味を持ちますが、この「DOPPELGANGER D29 SEQUEL」は、まさにDOPPELGANGERブランドの人気モデル、DOPPELGANGER D9 の「続編」とも言うべきモデル。

 DOPPELGANGER D9 は2008 年の発売以来高い人気を誇ってきたモデルであり、特徴は「黒、白、オレンジ」という鮮やかな配色。しかし、2008 年から現在の2013 年に至るまで、様々な社会情勢の変化や嗜好の変化がありました。その中の一つに「色」があります。当時は「山ガール」に代表されるようなカラフルな色使いがアウトドア製品から小物に至るまで幅広く用いられましたが、その反動か、現在はモノトーンやアースカラーが好まれる傾向にあります。

 この傾向を鑑み、「白、黒、オレンジ」というコントラストの強いカラーから一転し、同じ「白、黒」をベースとしながらもDOPPELGANGER D29 SEQUELの配色は、
2012 年より続いているモノトーンをベースに、2013 年秋冬における流行色予測である茶色やグレーを加えノスタルジックな色合いが用いられています。
 これら「色」やトレンドを反映するのは、自転車を単なる「乗り物」としてではなく、自転車をアパレルやバッグ等の「おしゃれアイテム」と同列に捉えるドッペルギャンガーならでは。その色を製品コンセプトに反映させるにあたり、側面から見た時の表面積が大きい、「ディープリム」と呼ばれる、リム高の大きなホイールを採用し、色を極大面積で見せるなど、「それぞれの部品の機能に加え、視覚的効果」もあわせて考えるDOPPELGANGER ならではのデザイン思想が息づいています。

 機能面においては、アルミニウム製のフレームを採用して軽量化を図ったほか、近年問題とされることの多い自転車事故に配慮し、より強力な制動力を発揮する前後「ディスクブレーキ」、段差を気にせず走行することが可能な「フロントサスペンション」、高いグリップを発揮する「ブロックタイヤ」、そしてシマノ製21 段変速など、様々な環境においても最大の走行性能を発揮できる装備を持っています。


【製 品 名】 D29 SEQUEL(シークウェル)
【タイヤサイズ】 26 インチ
【フレーム素材】 アルミニウム
【価 格】 オープン価格 ※参考価格:42,750 円(税込)
【発売時期】 2013 年7 月
【 製品ページ 】  (リンク »)
【プレスリリース一覧】 (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]