1954年に世界で初めてマッサージチェア量産化の『フジ医療器』 2014年4月1日に創業60周年

株式会社フジ医療器 2014年04月01日

From Digital PR Platform


 健康機器メーカーの株式会社フジ医療器(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:木原 定男)は、1954年に創業者・藤本信夫が世界で初めてマッサージチェアを量産化してから、2014年4月1日に60周年を迎えます。それに伴い、“マッサージチェアの歴史がわかる”60周年記念サイトをオープン致しました。

 創業者の藤本信夫は、戦後復興の1954年当時、多くの人が集う銭湯でみんなを元気にできる商品ができないかと考え、開発したのがマッサージチェアでした。不要品や廃材の中から部品を取ってきては試行錯誤を繰り返し、試作機を完成させた後、日本で初めてマッサージチェアの量産化に成功。マッサージチェアは日本国内にとどまらず海外まで幅広く人気を博し、現在に至ります。

 記念サイトでは、マッサージチェアのパイオニアとしてのフジ医療器のあゆみ、60年間発展を遂げてきたマッサージチェアの歴史、開発ストーリーから、“メイドインジャパン”を掲げた妥協のない製品作りの裏側、60周年記念動画のほか、皆様にお楽しみいただけるプレゼントキャンペーンなども公開しております。

【60周年記念特設サイト概要】
URL:
(リンク »)

内容:
・フジ医療器のあゆみ
・マッサージチェアの歴史
・コラム“メイドインジャパン”
・プレゼントキャンペーン
・創業60周年記念動画  等

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]