40万円台から狙える「キャンピングギア・カー」とは?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年04月21日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する「カーセンサーnet」では中古車の買い時をご紹介する「カーセンサー特選市」を毎週3回連載しています。本日はその中からオススメの車をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
(リンク »)

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」とは
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー特選市では、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
(リンク »)

▼今回のオススメ記事はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
40万円から!?キャンプに行くなら、キャンピングギア・カーで
――――――――――――――――――――

■オートキャンプを120%楽しむ!

まもなく5月の大型連休。そのあとは梅雨を経て夏休みです。海や山などアウトドアが楽しいシーズンがやってきます。というわけで、今回は「オートキャンプ」に注目。その名のとおり、車で行くキャンプで大自然を満喫できます。そんなオートキャンプにピッタリの「キャンピングギア・カー」を紹介します!
まずは、“王道”の日産 エクストレイル(初代)。徹底したマーケティングリサーチから生まれたSUVで、あらゆることが“ちょうどよい”のが特徴。クロカン四駆ほどの悪路走破性はなくとも、燃費も取り回しも◎。徹底的に使い倒せるよう作られています。
キャンプ用の車で重要なのは、どれほど物を持ち込めるかでしょう。エクストレイルは、その点も万全。リアシートを折りたためば広大でフラットなスペースが生まれ、泥がついても洗い流せるようになっています。
また、ポイントなのは「コストパフォーマンス」。キャンプは、ランタンやテント、テーブルなどのグッズを揃えるとお金がけっこう掛かります。そうなると、車の購入費や維持費は切実な問題。できるだけ切り詰めたいのが実情でしょう。とはいえ、狭かったり燃費が悪すぎたりすると、いくら車が安くても本末転倒です。しかし、初代エクストレイルなら総額70万円以下で狙えます。価格に見合わぬパフォーマンスの高さも魅力です。

■アウトドアに電気を持ち込む意外性

しかし、アウトドアレジャーにエクストレイルというのは当たり前すぎる選択で、「そんなの知っているし!」という方もいらっしゃるでしょう。
そこで、オススメしたいのがトヨタ エスティマハイブリッド(初代)です。室内は広く快適で、大型ミニバンながら燃費も優れています。しかし、特筆すべきはやはり「外部供給電源」。リアに設けられたコンセントによって、ドライヤーや電子レンジなどの家電製品も使えます。
キャンプをはじめとする、アウトドアライフの醍醐味は非日常感。つまり、サバイバル要素にあります。ガスや電気などからの“離脱”がおもしろいのですが、あえて電源を持ち込む「ハイブリッド・キャンプライフ」も楽しいと思います。 ミニバンに外部電源供給が備わるだけで、これまでとは違った世界が垣間見えます。こちらも見過ごせない選択肢です。

■中古車相場は底値安定中! 気に入ったなら迷わず狙おう

中古車相場は両車とも61万円前後(2014年4月15日現在)。多少の上下はあるものの、どちらも底値で安定しています。
海や山へ何度も行くことを考えると長期の保証は必須でしょう。総額70万円以下でカーセンサーアフター保証対象車を探すとエクストレイルが57台、エスティマハイブリッドが10台みつかりました。多走行のものや修復歴アリのものも含まれますが、修理だけでなく、ロードサービスも使えるアフター保証を付けておけば安心です。
若干古さを感じたとしても、バッチリ用途に合っていて納得できるなら、それは間違いない車選びです。編集部提案のキャンピングギア・カー、いかがでしょうか?


▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】日産 エクストレイル(初代)&トヨタ エスティマハイブリッド(初代)×総額70万円以下×CSA保証車
※プランでCSA保証を付けた場合、総額70万円を超える場合があります
(リンク »)

▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」バックナンバー
――――――――――――――――――――

7人乗りのヴァンガード&クルーガーで脱ミニバン!
(リンク »)

日本の道路事情も考慮!ロングドライブに最適な車とは?
(リンク »)

女性にオススメ!車でオシャレするならスカイラインクーペ
(リンク »)

個性=贅沢?メーカーの「意欲作」を100万円以下で狙う
(リンク »)

予算100万円台の「オトクで贅沢」な車とは?
(リンク »)

予算50万円で、かつての高級車に乗れる!?
(リンク »)


▼バックナンバー一覧
(リンク »)


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
(リンク »)

▼「カーセンサーEDGEnet」
(リンク »)

▼「カーセンサーアフター保証」
(リンク »)

▼カー用品通販
(リンク »)


――――――――――――――――――――
●2014年の自動車トレンドキーワードは「バン買い世代」!
~団塊世代が(ミニ)バンを買って、家族の時間を挽回!~
――――――――――――――――――――

自動車マーケットを知り尽くした、カーセンサーnet編集長の後藤が2014年のトレンドを予測しました。2014年は、団塊世代がミニバンを買って、家族の時間を挽回する「バン買い世代」がキーワードです。

<背景>
環境意識・燃費意識の高まりや、高品質で低燃費な軽自動車・コンパクトカーが多く登場したこともあり、自動車のトレンドはダウンサイジングが主流です。一方で、団塊世代の「孫を持つ男性」を中心に、ドライバーとしても現役の彼らは、ダウンサイジングの流れから外れ、ミニバンを購入する動きが出始めています。「行動的」で「多趣味」な団塊世代。金銭的な余裕がある一方で、自らの子育てについては十分な時間が取れなかったことを後悔している人も多いです。世の中の車はダウンサイジングしていますが、3列シートのミニバンなら三世代が一緒に乗ることができます。車の安全性能も大幅に進化しており、高齢者でもより安全に車を運転できるようになってきています。そのような背景の中、ミニバンを買って、孫との時間、子供家族との時間を積極的に過ごし、家族の時間を挽回する「バン買い世代」が増加する兆しが見られはじめました。

▼詳細資料
(リンク »)


▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
(リンク »)

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
(リンク »)

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]