MACS GMP PepTivator WT1を用いた樹状細胞ワクチン療法に関する学会発表について

株式会社メディネット 2014年05月01日

From 共同通信PRワイヤー

2014年5月1日

株式会社メディネット

MACS GMP PepTivator WT1を用いた樹状細胞ワクチン療法に関する学会発表について

 株式会社メディネットは、米国がん研究学会2014(AACR)および国際細胞治療学会議2014(ISCT)において、MACS GMP PepTivator WT1(以下、「WT1 ぺプチベータ))を用いた樹状細胞ワクチン療法に関する研究成果を発表いたしましたので、お知らせいたします。詳細は以下のとおりです。

■米国がん研究学会2014(AACR: American Association for Cancer Research)
発表日時:2014 年4 月7 日(月) 13:00-17:00(現地時間)
場所  :米国 サンディエゴ
1. 演題: WTI ぺプチベータ感作樹状細胞療法の臨床研究における免疫学的反応性の評価(原題:Clinical prospective study of PepTivator WT1-pulsed dendritic cellvaccines with assessment of immunological response in the solid tumors)
演者: Shoko Saiwaki1, Masashi Takahara1, Haruka Matsushita1, Takashige Kondo1, Hermann Bohnenkamp2, Ryuji Maekawa1, Shigenori Goto3, Takashi Kamigaki3
1.Medinet Medical Institute, MEDINET Co., Ltd.
2.Miltenyi Biotec, GmbH
3.Seta Clinic Group
セッション: Immunology 4, Poster Section 27

2. 演題: マウスモデルでPepTivator OVA で感作された樹状細胞を用いた特異的CD4 陽性T細胞およびCD8 陽性T細胞の誘導(原題:Induction of both OVA specific CD4+ and CD8+ T cells by usingPepTivator OVA-pulsed DCs in mouse model.)
演者: Kenji Miki1, Koji Nagaoka1, Hermann Bohnenkamp2, Takayuki Yoshimoto3, Takashi Kamigaki4, Ryuji Maekawa1
1.Medinet Medical Institute, MEDINET Co., Ltd.
2.Miltenyi Biotec, GmbH
3.Institute of Medical Science, Tokyo Medical University
4.Seta Clinic Group
セッション: Clinical Research 6, Poster Section 36

■国際細胞治療学会2014(ISCT: International Society for Cellular Therapy)
発表日時:2014 年4 月24 日(木) 17:00-18:30(現地時間)
場所:フランス パリ
演題: WT1 ぺプチベータで感作された樹状細胞を用いた抗原特異的T細胞の誘導(原題:Induction of antigen specific T cells using PepTivator-pulsed DCs)
演者: Masashi Takahara1, Shigenori Goto2, Kenji Miki1, Shoko Saiwaki1, Koji Nagaoka1, Haruka Matsushita1, Takashige Kondo1, Hermann Bohnenkamp3, Takayuki Yoshimoto4, Ryuji Maekawa1, Takashi Kamigaki2
1.Medinet Medical Institute, MEDINET Co., Ltd.
2.Seta Clinic Group
3.Miltenyi Biotec, GmbH
4.Institute of Medical Science, Tokyo Medical University
セッション: Poster Abstract Presenter in Poster Session1

 今回の研究を通して、WT1 ぺプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法に関する安全性を確認するとともに、がんを直接攻撃するCTL(キラー細胞)と、CTL の働きを助けるヘルパーT 細胞を同時に誘導できることが見込まれることから、従来のものよりも高い治療効果が期待されています。2014 年4 月1 日付でお知らせしておりますとおりi、当社の契約医療機関である医療法人社団 滉志会 瀬田クリニックグループでは、WT1 ぺプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法(WT1 ペプチド感作)の提供を開始しております。
以上

i 2014年4月1日ニュースリリース「当社の契約医療機関がMACS GMP PepTivator WT1 を用いた樹状細胞ワクチン療法の提供を開始」 (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。