ネット上のコミュニティの「オフ会に参加したことがある」人は何%?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年05月07日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』( (リンク ») )は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

「コミュニティのオフ会に参加したことは?」、「アジャイル開発を取り入れてみたい?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■お題1:コミュニティのオフ会に参加したことは?
――――――――――――――――――――
ある・・・19%
ない・・・81%

ネット上の各種コミュニティに参加している人は少なくないと思われますが、そこで催された“オフ会”となると、参加したことが「ある」と答えた人は19%、「ない」と答えた人は81%という結果になりました。リアルでの顔合わせはなかなかハードルが高いようです。「ある」派のコメントを見ると、コミュニティでの良好な関係をオフ会でも維持し、楽しい時間を過ごせたそうです。中にはその流れで結婚した人も!多数を占めた「ない」派のコメントからは、開催地が遠かったため参加できなかった、という声が。確かにネットで距離は関係ありませんが、リアルで会うとなるとそうはいきません。そしてやはり、詳しく知らない人と会うのはちょっと・・・というのが本音のよう。煩わしさの少ないネット上の関係に満足している人が多いようです。

<コメント(一部抜粋)>
【「ある」派のコメント】
●大昔にパソコン通信のオフ会に出たことがあるのですが、いまだに繋がりがあったりします。(40代・男性)
●元々オフ会好きで、嫁はオフ会で見つけました。(40代・男性)
●日頃ネットで触れ合っている人と初めて会うのは、ドキドキ感たっぷりですね。昔、コメントの書きっぷりからてっきり「男」だと思っていた人が、若い女性だったということがあって驚いたことがあります。(50代・男性)

【「ない」派のコメント】
●首都圏や都市部で開催されることが多いので地方民には厳しいです。(20代・女性)
●ネット上には危険がいっぱいだと思っているので、その延長線上のコミュニティのオフ会にも絶対関わりません。(40代・男性)
●参加したことはないのですが、ネットでの発言と同じような会話をしているのでしょうか。おとなしくなってしまうのでは?などと勝手に妄想しています。(50代・男性)

▼その他の「ある」派、「ない」派の理由はこちら
(リンク »)


――――――――――――――――――――
■お題2:アジャイル開発を取り入れてみたい?
――――――――――――――――――――
実践してみたい・・・39%
現実的ではない・・・61%

近年注目されている“アジャイル開発”。開発期間を短縮する手段の1つとして採用されることが多くなっています。そのようなアジャイル開発を「実践してみたい」という人は39%、取り入れるのに「現実的ではない」と答えた人は61%という結果になりました。「実践してみたい」派は、現在の開発手法に疑問や限界を感じている人が多いです。効率的な開発を突き詰めたとき、何かブレイクスルーとなる手法が必要と感じているよう。「現実的ではない」派の多くは、そもそも自分の関わる開発の現場にアジャイル型の開発手法が馴染まないと判断しています。また、アジャイル開発を進めるだけの技量を備えた人員が足りないことを把握している人も少なくありません。新しい手段に光明を見出すか、従来どおりの作業を熟成していくか・・・なかなか悩ましいようです。

<コメント(一部抜粋)>
【「実践してみたい」派のコメント】
●世のスピードについていくために、工程の無駄を省く。普段から実践したいです!(20代・女性)
●開発スタッフのいない中でアジャイルには非常に興味ある!今も探している!(50代・男性)
●開発スピードが要求される時代に、アジャイル(俊敏)な開発は有効な手法だと思います。大規模なプロジェクトや命に関わるような開発には向きませんが、少数精鋭の開発チームを作れる環境であれば小規模案件ではぜひ実践してみたいと思います。(60代・男性)

【「現実的ではない」派のコメント】
●口やかましくアジャイルの効果を叫ぶ人たちに限って、言葉に酔いしれているだけのことが多い!(40代・男性)
●実現には、相当の経験を積んだ人達があたらなければ、絶対漏れが発生する。私がやったら、確実にチェック漏れが発生する。(50代・男性)
●偏見が入っていると思いますが、いかなる開発も手戻りやバグはあります。その時の責任の所在がはっきりするのだろうか?と思うとちょっと・・・。(50代・男性)

▼その他の「実践してみたい」派、「現実的ではない」派の理由はこちら
(リンク »)


<調査概要>
○調査期間:2014年4月3日~2014年4月9日
○有効回答数:340
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。
3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、
製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
(リンク »)

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから

◆迫る「Windows Server 2003」サポート終了…移行先はどちら?
(リンク »)

◆ワークスタイルの変革開始!情シスVSユーザ、成功の要はどっち?
(リンク »)

◆ノーベル賞受賞?それともオリンピック選手?子供に望む姿、多かったのは!?
(リンク »)

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
(リンク »)

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
(リンク »)

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。