PHPコラム『関数処理関数編 その6』

ヒューマンリソシア株式会社 2014年06月09日

ヒューマンリソシアで、親方こと格子組の古庄道明氏によるPHPコラム『関数処理関数編 その6』が公開されました。

###
さて変数の話から関数に戻ってきまして今回は「可変関数」でございます。
また、そこから「コールバック」という概念についてちょいと触れていきたいかと思います。
早速ですが可変関数…の前に「通常の関数の呼び出し」を、念のために見ていきましょう。

function hoge() {
echo “call hoge!!\n”;
}
//
hoge();

ひねりもてらいも変哲もない、シンプルな関数の呼び出しになります。
では、早速ですが「可変関数」を使ってみましょう。

function hoge() {
echo “call hoge!!\n”;
}
//
$s = ‘hoge’;
$s();

はいとても「可変変数」と似ていますね。
「$s()」は一端「$s」と「()」に分解され、$sを解決して「hoge」と「()」にするのでhoge() となって、
関数が呼び出されます。

可変変数は「色々注意して控えめに」って話をしましたが。
可変関数の場合は、実は割合と「あちこちでちょこちょこ」と使うケースが出てまいりますので、
ちょっとその辺を覗いてみましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]