第一実業、アクセスエナジーと地熱・温泉業界向け小型バイナリー発電装置の独占販売代理店契約締結、国内での小型バイナリー発電装置の製造は2015年4月までに開始

Access Energy (アクセスエナジー) 2014年05月27日

From Digital PR Platform


総合機械商社の第一実業株式会社(東京都千代田区、代表取締役:山片康司)はバイナリー発電のリーディングメーカーであるAccess Energy(アクセスエナジー、米国カリフォルニア州セリトス市、CEO:Vatche Artinian)と小型バイナリー発電装置の地熱・温泉業界向け販売代理店契約を締結いたしました。また、国内での独占的製造権、東南アジア地域での装置販売権を取得したことから、2015年4月までに国内での製造を開始することをお知らせいたします。

第一実業はこれまでアクセスエナジーの小型バイナリー発電装置の日本における焼却設備市場向けの販売代理店として活動を行なってまいりましたが、新たに地熱・温泉市場に向けた販売を開始いたします。アクセスエナジーの小型バイナリー発電装置の国内製造については、第一実業の技術管理の下、組立、出荷前試験を外部委託する予定です。製造した装置は販売代理店や第一実業の海外ネットワークと連係し、国内及び東南アジア地域にも供給され、国内外の地熱・温泉、焼却排熱、工場排熱などの未利用熱エネルギーの分野で2020年までには年間生産台数100基を目指します。これまでの販売、サービス体制に加え、市場に機器を供給するメーカー機能を持つことでバイナリー発電業界での一貫体制を構築し、国内外の再生可能エネルギーの普及に取り組んでまいります。

第一実業は、各種産業機械のトップサプライヤーとしてグローバルに活動を行っており、再生可能エネルギー関連設備や環境対策設備の販売を通じ、環境負荷低減などの面から社会に貢献できる環境創造商社を目指します。

【第一実業株式会社について】
総合機械商社。産業機械のトータルサプライヤーとして世界18ヵ国36ヵ所の海外 ネットワークで、あらゆる製造業の分野で最適な設備、システムを提供しております。

第一実業株式会社【8059.T】(代表取締役社長 山片康司)
住所:東京都千代田区二番町11-19 興和二番町ビル
電話:03-5214-8500(代表)  
設立:1948年8月12日
URL:  (リンク »)

【Access Energyについて】
米国カリフォルニア州セリトスに本社を置くアクセスエナジーは小規模な商用及び産業用設備からの廃熱あるいは圧力を効率良くエネルギーに変換するシステムの開発、製造、販売、保守を行っています。これらのシステムは既存の製造や処理工程を変更することなく、産業の各工程から出る低温廃熱から電力を生成します。
Access EnergyはCalnetix Technologies, LLCの完全子会社です。
詳細について は、www.access-energy.com/japanese/ をご覧ください。

【本件に関するお客様のお問合せ先】
第一実業株式会社
プラント・エネルギー事業本部
資源開発部 地熱・バイナリーグループ
TEL: 03-5214-8808
FAX: 03-5214-8502

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]