有田焼創業400年に向けて佐賀県と共同で特別展示 ロビーに約100点の有田焼で彩る宮殿が登場 佐賀県立九州陶磁文化館所蔵の貴重な古伊万里も

株式会社京王プラザホテル 2014年06月30日

From Digital PR Platform


ドイツ・ザクセン公国のアウグスト強王がコレクションの東洋磁器とマイセン窯磁器で飾りつくそうと実際に設計図まで描かせながら、完成までに至らなかった幻の宮殿『日本宮』をイメージして佐賀県が制作するもので、幅7.4メートル、高さ3.6メートル、奥行2.7メートルの大装飾となります。宮殿の壁面を飾る磁器は、2016年の有田焼創業400年に向け、有田の実力派の窯元たちが17世紀半ばに輸出された古伊万里の特色を生かしながら再現するものです。アートロビーでは、合わせて18世紀に実際に輸出され、ヨーロッパの王侯貴族の宮殿を飾った貴重な古伊万里の展示もお楽しみいただきます。

 アウグスト強王は、化学者や錬金術師に命じて1710年にマイセン窯を開窯させ、自国の兵隊600人と東洋磁器を交換するほど磁器を熱愛していたことで知られています。「日本宮」は全18室すべてを磁器で飾る壮大な計画でしたが、彼の死により実現されませんでした。遥か江戸時代に海を渡って愛された有田焼、日本の伝統工芸文化の素晴らしさに思いを馳せ、ホテルのロビーでロマンに浸るひとときをお過ごしいただきます。

『第34回有田・伊万里 やきもの夏まつり~ヨーロッパで愛された古伊万里』
日時:7月1日(火)~31日(木) *展示販売は8月3日(日)まで(最終日は4:00p.m.まで)
場所:3階/ロビーほか 入場無料
共催:佐賀県 後援:有田町

■佐賀県共同特別記念展示 
有田焼創業400年に向けて(主催:佐賀県)
『アウグスト王 日本宮へのオマージュ』

■『王侯貴族の古伊万里展』

■『実力派窯元による作品展 ~有田焼の空間美にひたる~』
■『著名人の絵付け作品のチャリティオークション』 和田誠氏 日野皓正氏
■『伊万里鍋島焼 畑石眞嗣作品展~食彩うつわと陶画~』
3階/ロビーギャラリー ※9日(水)まで

○展示に関するお問合せ/(03)5322-8061【ロビーギャラリー直通】


■レストランイベント 実力派窯元の有田・伊万里焼で楽しむ特別メニュー 館内11店舗

○お問合せ・ご予約/(03)3344-0111(代表)レストラン予約

■本件に関するお問合わせ先

株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報 斎藤 潤子 ・ 井上 滋喜 ・ 石川 綾子 ・ 桑原 慶多
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
(リンク »)



■関連リンク

京王プラザホテル
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。