インドネシア共和国における浄水器事業を開始。インドネシア住友林業と総販売代理店契約を締結し事業進出へ

トクラス株式会社 2014年08月04日

From 共同通信PRワイヤー

2014年8月4日

トクラス株式会社

インドネシア共和国における浄水器事業を開始
~インドネシア住友林業と総販売代理店契約を締結し事業進出へ~

トクラス株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:森定 保夫)は、8月4日(月)より、インドネシアにおける浄水器事業を開始致します。水道インフラの発展途上にあるインドネシアで暮らす人々に、日本で培った家庭用浄水器の技術を活かし、きれいで豊富な生活用水を実現するソリューション提案として、家庭用浄水器の提供を開始します。

販売については、インドネシア住友林業(現地法人:PT.Sumitomo Forestry Indonesia、住友林業1%・シンガポール住友林業99%出資、出資所在地:インドネシア共和国 ジャカルタ、代表:堀修一)と販売総代理店契約を締結しております。

現在、世界人口の約10%の人々が安全な飲料水を得ることができない(資料:WHO/UNICEF)と言われています。まずはインドネシアにおいて浄水器事業のノウハウを確立し、今後、世界の多くの人々に向けキレイで安心できる水の提供を目指し、事業を展開して参ります。

リンク ») " target="_blank">



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]