編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IntegoがiOS端末用のウイルスおよびマルウェア対策をVirusBarrier for iOS 8にアップデート

Intego

From: JCN Newswire

2014-11-19 10:50

SEATTLE, WA, Nov 19, 2014 - ( JCN Newswire ) - Mac用のセキュリティおよびユーティリティソフトのトップメーカ、IntegoがiOS端末からのウイルスおよびマルウェアの拡散を防ぐApp Store専用アプリケーション、VirusBarrier for iOS 8をアップデートしました。

業界トップクラスの検出率を誇るIntegoの技術を採用したVirusBarrier for iOS 8は、Mac、Windows、そしてUnixを狙うウイルスおよびマルウェアのiOS端末を経由した他のコンピュータへの拡散を防ぎます。電子メールの添付ファイルやDropbox、Google Drive、OneDrive、WebDEV、およびFTP共有などのリモートロケーション上のファイルをスキャンし、可能な限り修復してログに記録します。

Integoは、17年以上に渡りApple製品だけを守り続けています。つまり、本アプリケーションもAppleのためだけ、iOS端末のためだけに開発されています。

VirusBarrier for iOS 8は、100円で発売中です。主な特長は次の通り:

-- 使いやすく刷新されたユーザインタフェース
-- iPhone、iPad、あるいはiPod touchでウイルスおよびマルウェアを対象にした手動スキャンが可能
-- スキャンした書類をその場で確認できるファイルリーダを内蔵
-- スキャンしたファイルを電子メールで送付したり、DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスへ転送可能
-- スパイウェア、トロイの木馬、アドウェア、ハッカーツール、ダイアラ、キーロガー、などを対象にスキャン
-- 既知のフィッシングURL、危険なサイト、およびマルウェアホスティングを対象にSafariウェブサイトをスキャン
-- ZIPアーカイブをスキャン

VirusBarrier for iOS 8は、IntegoのApple用製品開発の長い経験を基に設計されています。モバイル端末を守り、他のコンピュータ、家族、友人、同僚などへのウイルスおよびマルウェアの拡散を可能な限り防ぎます。

VirusBarrier for iOS 8は、100円でApp Storeのみで販売されています。

必須システム要件
-- iOS 8.0以降
-- iPhone、iPad、およびiPod touch 5

Integoについて

Intego: Macのセキュリティおよびユーティリティの専門メーカ

Integoは、数多くの受賞歴に輝くMac用のセキュリティおよび生産性向上ツールを提供します。Integoは、17年に渡り、Apple製品を保護し、最適化するソフトウェアを開発してきました。実際のところ、これほどの長期間、高く評価されるMac用のセキュリティと生産性向上ツールを送り出し続けるメーカは、Intego以外にありません。

Integoは、MacだけでなくiPhoneやiPadといったiOS端末など多様なApple製プラットフォームをカバーする製品を販売しています。その豊富な経験から、軽やかに動作し、かつ洗練され、同時に使いやすいソフトウェアの開発を実現しています。まさにMacとベストマッチする製品と言えるでしょう。

Integoおよびその製品については、 (リンク ») 、およびその国内代理店である www.act2.com/brands/intego/ (リンク ») を参照ください。

詳細に関するお問い合わせ先:
Marco Fiori
Bamboo PR
marco@bamboopr.co.uk
+44 207 702 6061

概要:Intego

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]