ワカンダ、オープン・プラットフォームへアンギュラーを追加

4D 2014年12月17日

From 共同通信PRワイヤー

ワカンダ、オープン・プラットフォームへアンギュラーを追加

AsiaNet 58979

ワカンダ、オープン・プラットフォームへアンギュラーを追加 - プロフェッショナル向けウェブ・アプリケーション開発の可能性を拡張

パリ、2014年12月16日/PRNewswire/ --
新機能の追加およびデベロッパーやテクノロジーへの解放が進む、専門的ウェブ・アプリケーションの開発および配備を目的とした4Dのオープン-ソース・プラットフォーム、革新的なエコシステムへ順応する中で急速な進化を遂げる 。

総合的なアプリケーション開発ソルーションの提供において業界をリードする4D、専門的ウェブ・アプリケーションの開発と配備を目的としたジャバスクリプト・プラットフォームの急速な進化と拡張の一年を経て、ヨーロッパ(NG-Europe)会議にてアンギュラー-ワカンダ(Angular-Wakanda) ソルーションを初披露。

マルチメディアのニュース・リリースは以下よりご覧いただけます:
(リンク »)

アンギュラー-ワカンダ(Angular-Wakanda)のベータ版公開
ワカンダ(Wakanda)は、10月後半に開催されたパリのNGヨーロッパ(NG-Europe)でアンギュラー-ワカンダを初公開し、現在最も一般的となっているジャバスクリプトのフレームワークに同社が注力していることを印象づけました。ワカンダのデベロッパーはこれをもって、アンギュラーJS(AngularJS)のウェブ・アプリケーションを生成できるようになります。

アンギュラー-ワカンダ・ジェネレーター(Angular-Wakanda Generator)は、アプリケーションのスカフォルディングを加速させ、ディバギング、ユニット・テスティングなどを備えた完全な開発環境を提供します。

アンギュラー-ワカンダ・コネクター(Angular-Wakanda Connector)は、オブジェクト・リレーションシップ、高速データ・ページング、簡潔なクエリー・フィルター、ライブ・スクローリング、サーバーからユーザー・インターフェースへデータをパブリッシュする機能、などを通して実現される簡単なナビゲーションによって、顧客サイドのオペレーションをより簡便にします。

アンギュラー-ワカンダは、ワカンダ10(Wakanda 10)から提供されています。同バージョンへ新たに追加される機能にはこの他にも、ワカンダ・クラウド、ワカンダ・シェル、新たなオブジェクト・データ・タイプ、ワカンダ・エンタープライズ・エディションで提供されるLDAPサポート、などがあります。また、ウィジェットAPI(リピーター、ライブ・スクロール・ビヘイビアー、ページネーションなどを完備)や、JSONインポート/エクスポートAPIなどの機能が改善されました。

アンギュラー-ワカンダの詳細については、以下ウェブページをご参照ください。
(リンク »)

製造へ向けての準備は完了・更なる門戸開放へ
本プラットフォームへは、昨年一年で数々の画期的な改善が加えられましたが、これらはいずれも慎重な試用を経ており、製造へ向けての準備は完了しています。ワカンダのアプリケーションをMySQLや マイクロソフトSQLサーバーのデータベースへ接続できるようにするSQLコネクターから、ODBCとの完全な相互運用性、ウェブソケット(WebSockets)によるクライアント・サーバー間コミュニケーションの最適化に至るまで、幅広い機能が強化されました。

ワカンダがサーバー・サイドのジャバスクリプトを導入したことで、デベロッパーは、この言語の知識のみで作業を開始することが可能になりました。サーバー・サイドの特殊な言語が求められることの多い従来のプラットフォームとは異なり、ワカンダはサーバーでジャバスクリプトを用います。このことにより、これまでフロント・エンドで活躍してきたデベロッパーも、現時点で身につけているスキルを活用して更に大きな成果をあげられるようになります。ワカンダのSSJSデータベースは、 (リンク ») にて今すぐお試しいただけます。

ワカンダは、フロント・エンドにおいても更に門戸を広げました。どのようなサード・パーティーのジャバスクリプト・ライブラリーも、ワカンダのアプリケーションで使用するためのドラッグ・アンド・ドロップ・ウィジェットに変えることができます。また、同社のAPIを用いることで、カスタムのウィジェットを作成し、アプリケーション内の何処へでも組み込むことができます。また、カスタムのウィジェット、テーマ、エクステンション、モジュールといったワカンダ・スタジオのアドオンを、ギットハブ(GitHub)経由でワカンダのビルトイン・アドオン・エクステンションを使って、ワカンダ・コミュニティー全体と共有することも可能になりました。

学習オプション
ワカンダは、様々なリソースへの投資を通して、ウェブ・アプリケーション・テクノロジーのフロント・エンドに立つだけでなく、ウェブ・デベロッパーにとってきわめて重要な存在となりました。同社では特に、世界最高レベルのトレーニングを実現することに力を割いてきました。ワカンダでは現在、同社のエキスパートが開発した初心者向けの無料ビデオ・トレーニングを提供しており、新米のデベロッパーが直ちにアプリケーションの構築を開始できるよう、手助けをしています。トレーニング・セッションは、ウェブ・アプリケーションの基礎構築から始まり、インターフェースの作成や、ソルーションの管理へと進みます。顧客はいずれも無料で提供されている、4つのコースに分かれた80ユニットのトレーニングへ、すぐにアクセスすることができます。

アプリケーションを次の段階へ高めたいと考えるワカンダのデベロッパー向けには、インストラクターが指導する教室でのトレーニングが開講されています。ワカンダでは、英語とフランス語の両方で、初心者向け、中級、および上級のトレーニング・セッションを設けています。

ワカンダについて
ワカンダは、ウェブやモバイル・ビジネス・アプリケーション向けのデータ志向のジャバスクリプト・デベロップメント・プラットフォームをデベロッパーへ提供しています。ワカンダの基礎は、開発スタジオとクライアントを包括する完全なフレームワークによって促進される、強力・安全・オープンなNoSQLデータベースおよびサーバー、そしてジャバスクリプトとRESTに基づいたモデル志向の拡張可能なアーキテクチャーを含む、最高レベルのテクノロジーの上に築かれています。

ワカンダはジャバスクリプトに関する業界基準に完全に準拠しており、JSON、REST/HTTP 、CommonJSをサポートしています。

ワカンダで開発されたクラウド・ソルーションは、全てのデスクトップまたはモバイル・プラットフォームへ配備することができます。

購入方法と価格
ワカンダは無料のオープン・ソース・コミュニティー版、および年間$129/EUR99からスターツする商業ライセンス版として提供されており、今すぐにダウンロードいただけます。有料サポートのオプションは、年間$499/EUR399からとなっています。ワカンダのダウンロード、または詳細については、以下のリンク先をご参照ください。 (リンク »)

商業ライセンスおよび有料サポート・プランの詳細については、以下のウェブサイトをご参照ください。
(リンク »)

4Dについて
30年以上にわたってビジネス・ソフトウェア-;・デベロップメント・ソルーション業界を全世界でリードしてきた4Dは、ウェブ、モバイル、デスクトップ、およびクライアント-サーバー・アプリケーションの開発と配備を簡略化し加速させる総合プラットフォームを、数々提供しています。4D のソルーションや開発ツールは、世界70ヵ国以上で使用されており、何百万ものエンド・ユーザーや、1万を超えるインデペンデント・ソフトウェア-・ベンダー(ISV:independent software vendors)がいます。詳細については、以下のウェブサイトをご覧下さい。 (リンク »)

動画:
    (リンク »)

情報源:4D


(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]