編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

QTRAXがArtist ManifestoとArtist Trust立ち上げを発表

QTRAX

From: 共同通信PRワイヤー

2015-01-29 16:28

QTRAXがArtist ManifestoとArtist Trust立ち上げを発表

AsiaNet 59336(0130)

【ニューヨーク2015年1月29日PRN=共同通信JBN】
*ソングライターおよびアーティストへの使用料還元の方法を根本的に変革

無料で合法なデジタルミュージックサービスのQTRAXは29日、ソングライターおよびアーティストに対し、より有利で、かつ使用量に見合った方法で還元する多岐にわたる計画を発表した。

Logo - (リンク »)
Photo - (リンク »)

Artist Manifesto(www.qtrax.com を参照)は事実上、より多くの資金を提供し適切かつ敬意を持ってアーティストに使用料を還元する広範なイニシアチブを盛り込んだアーティスト権利章典である。主要なイニシアチブは、株式保有率30%相当をアーティストに付与する。この株式配分はArtist Trustと呼ばれる法人によって法制化され、現在選定を行っている権利組織によって独立管理される。

アーティストはQTRAXの収益の配分を受け取るとともに、他の株主が富を獲得するのとまさに同様の方法で、IPO、トレードセールなどのリクイディティー・イベントから恩恵を受ける。

30%の株式配分は、10年間にわたりアーティストに再生回数に基づき充当される。

QTRAXのアラン・クレプフィツ創設者兼最高経営責任者(CEO)は「株式はこれらのデジタルミュージックサービスから得られる唯一の資金源である。恥ずべきことに、アーティストはばかばかしいほど小額の分配料金による還元を受けているが、一部のデジタルミュージックサービスの価値は数10億ドルにもなっている。アーティストのクリエーティブな仕事がなければ、ミュージックサービスは成り立たない。絶対にあり得ない。これは、現在の経済体制で尊重されていないことは明らかである。責任を擦り合う問題ではない。おそらく正確に誰かのせいだと言うこともできないだろう。大幅にその還元率を変更するという議会での審議も一切行われていない。還元料金の基本比率はあまりにも低く、大盤振る舞いして比率を上げても十分なものにはならない。レコード会社は、賢明にもミュージックサービスから正当な取り分を要求する。ソングライターとアーティストは、それを実行するには適切に組織化されていない。アーティストとソングライターは、搾取されるコンテンツプロバイダーではなく、そろそろこのサービスの所有者になるべきである。われわれは既存および将来を含めすべてのデジタルサービスが参加し、ミュージック業界リーダーで構成される尊敬すべき委員会の下でアーティストの利益のために運営されるArtist Trustに使用量に見合う持分を提供することを希望する。IPO後の株式売却金の配分はアーティストおよびソングライターに大幅な所得をもたらす」と語った。

QTRAXのランス・フォード社長兼最高マーケティング責任者(CMO)は「QTRAXは2、3年かけてリクイディティー・イベントを行うので、若い消費者とつながるためにミュージックの力を信じるブランドは広告およびスポンサー料金の形式でArtist Trustに寄付することが可能である。

▽QTRAXについて
QTRAX(www.qtrax.com )はデジタルミュージック業界のユニークかつ新興企業であり、2015年第1四半期に最新の「Free and Legal Music Service」を立ち上げる。QTRAXは68カ国で利用可能である。

▽問い合わせ先
Julia Lyschik (COO)
julia@qtrax.com
+1 (646) 678 4542
Twitter ( (リンク ») )
Facebook ( (リンク ») )

ソース:QTRAX

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]