編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「キリン 生茶」4月7日(火)リニューアル新発売、「キリン カフェインゼロ生茶」4月7日(火)新発売

キリンビバレッジ株式会社

From: Digital PR Platform

2015-03-05 11:00


キリンビバレッジ株式会社(社長 佐藤章)は、今年で発売15周年を迎える「キリン 生茶」を4月7日(火)に全国でリニューアル新発売します。また、ペットボトル緑茶飲料としては世界初※1となるカフェインゼロを実現した「キリン やさしさ生茶 カフェインゼロ」の中味・パッケージをブラッシュアップした「キリン カフェインゼロ生茶」を4月7日(火)に全国で新発売します。

※1 ペットボトル緑茶史上初(100ml当たりカフェイン含有量0.001g未満のPET容器詰め緑茶飲料、2014年2月SVPジャパン調べ)

「生茶」ブランドは、2000年の発売以来、多くのお客様にご支持いただいています。発売15周年を迎える今年は、緑茶のおいしさを決める“あまみ”が、茶葉に含まれるテアニンなどのアミノ酸と関係していることに着目しました。「生茶」では、あまみが多いかぶせ茶を新たに採用し、さらにその一部を粉末状にすることで雑味のないあまみを実現しました。

「カフェインゼロ生茶」では、厳選茶葉を増量して緑茶らしさをアップし、世界初の「カフェインクリア製法」(特許製法)でやわらかなお茶本来のあまみを実現しました。緑茶のおいしさである“あまみ”を生かした提案を行って話題化することで、緑茶飲料市場をさらに活性化していきます。

●「キリン 生茶」

【中味について】
茶葉に含まれるアミノ酸「茶葉アミノ酸」を引き出しました。
・国産のかぶせ茶を10%使用し、さらにかぶせ茶の一部を粉末状にして深いコクとあまみを引き出しました。
・62℃の低めの温度で抽出することで、雑味が少なく茶葉のあまみが感じられる味わいに仕上げました。

【パッケージについて】
・茶葉のいきいきとした生命力を力強く表現することで、茶葉のチカラを感じるデザインを採用しました。

●「キリン カフェインゼロ生茶」

【中味について】
カフェインゼロと、緑茶のおいしさの両立を図りました。
・茶葉の使用量を1.6倍※2増量し、緑茶らしいお茶の味を追求しました。

※2 「キリン やさしさ生茶 カフェインゼロ」比
・当社の独自技術である「カフェインクリア製法」を駆使し、緑茶中のカフェインを選択的に吸着除去することで、おいしいカフェインゼロの緑茶を実現しました。

【パッケージについて】
・カフェインゼロであることを端的に訴求するとともに、やわらかなあまみを持つ緑茶であることを、和紙のようなやわらかいデザインで表現しました。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。



1.商品名:「キリン 生茶」
2.発売地域:全国 
3.発売日:2015年4月7日(火)
4. 容量・容器
(1)185g・缶 (2)340g・缶 (3)480g・缶 (4)280ml・ペットボトル (5)500ml・ペットボトル(6)500ml・ペットボトル(自販機用) (7)555ml・ペットボトル (8)2L・ペットボトル (9)250ml・紙(LLスリム)

5.価格(消費税抜き希望小売価格)
(1)80円 (2)115円 (3)130円 (4)115円 (5)140円 (6)136円 (7)140円 (8)330円 (9)100円 

1.商品名:「キリン カフェインゼロ生茶」
2.発売地域:全国 
3.発売日:2015年4月7日(火)
4. 容量・容器:500ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格):140円

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]