テレフレックスと東海メディカルの共同開発、光センサー式大動脈内バルーンカテーテル国内製造販売承認取得

テレフレックスメディカルジャパン株式会社 2015年10月01日

From 共同通信PRワイヤー

2015年10月1日

テレフレックスメディカルジャパン株式会社
株式会社東海メディカルプロダクツ

テレフレックスと東海メディカルの共同開発による光センサー式大動脈内バルーンカテーテル国内製造販売承認取得について

国内初の大動脈内バルーンカテーテル開発に成功した株式会社東海メディカルプロダクツ(本社:愛知県春日井市 社長:筒井 康弘)は、アロー補助循環用バルーンポンプ駆動装置を製造販売するテレフレックスメディカルジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 社長:山崎 恵一)との技術提携により、2015年9月24日、光センサー式大動脈内バルーンカテーテルの国内製造販売承認を取得しました。医療機器事業における両社の強みを生かした製品群の拡充、販売リソースを補完することで心機能が低下した患者様の補助循環領域で販売強化を目指します。テレフレックスメディカルジャパンと東海メディカルプロダクツは、患者様に出来るだけ負担の少ない医療機器の供給を通じて一人でも多くの生命を救いたいという理念のもと、今後も連携して製品の開発、供給に取り組んでまいります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]