編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

朝日ネットと小樽商科大学が第12回日本e-Learning大賞「アクティブラーニング部門賞」を獲得

株式会社朝日ネット

From: 共同通信PRワイヤー

2015-10-27 18:06

2015年10月27日

株式会社朝日ネット

アプリを使って、全員が参加する授業へ。
respon(レスポン)を活用した小樽商科大学の授業メソッドが
第12回日本e-Learning大賞「アクティブラーニング部門賞」を獲得

 株式会社朝日ネット(東証一部、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方次郎)が
提供するMMO(大規模多人数同時参加型オンライン)アンケートアプリ 「respon」(レス
ポン)を、国立大学法人小樽商科大学商学部准教授、学長特別補佐(アクティブ・ラーニ
ング推進担当)の大津晶先生が授業で活用した取組み『respon で実現する次世代コミュ
ニケーション・ラーニング』が、第12回日本e-Learning大賞(主催: eラーニングアワ
ードフォーラム実行委員会 / フジサンケイビジネスアイ)で、
『アクティブラーニング部門賞』を獲得しました。

 「respon」は、スマートフォンやタブレットにインストールして使う無料アプリとサー
バから構成されるコミュニケーションツールで、授業中にアンケートに回答し、集計結果
をアニメーション化して参加者が一斉にリアルタイムで共有できる強力なツール「プレイ
ヤー機能」を備えています。

 大津先生の授業では、約180人の学生が「respon」でアンケートに回答した後、リアル
タイムに共有される回答結果を元に、グループでディスカッションを繰り返します。対面
のグループの意見だけでなく、教室中の意見をアプリで参照しながら進行する、まったく
新しい学習体験を創出した授業内容が受賞につながりました。

 学生個人が持つスマートデバイスを使った参加型の授業が実現されただけでなく、スマ
ホ世代の特徴(フリックによる高速な文字入力や、高速なアプリ操作、そしてリアル・コ
ミュニケーションとバーチャルなコミュニケーションの行き来のスキル)が参加型授業
(アクティブラーニング)と高い親和性があることが実証されました。

 「respon」のホームページ (リンク ») では、今回受賞対象となった小樽商科大
学様の事例に加え、新渡戸文化短期大学様のオープンキャンパスの事例など、本システム
を使用した新しい「学び」を動画で紹介しております。また、今回受賞した「respon」の
事例については、10月30日に大阪のホテル阪急インターナショナルで開催される「第17回
manabaセミナー」でもご紹介する予定です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    アンケート調査で分かった日本企業のIT活用課題、迫りくる「2025年の崖」克服の救世主とは?

  2. 経営

    セールスエクスペリエンスを向上させる鍵「パイプライン管理と予測」を知る

  3. セキュリティ

    3つの側面に注目! 安全なテレワークを実現するセキュリティの勘どころ

  4. クラウドコンピューティング

    データドリブン企業がこぞって採用する「クラウド向けに構築された唯一のDWH」

  5. セキュリティ

    「我が社のシステムはどのくらい安全なのか」と役員に問われたら?--「リスクベースの脆弱性管理」の基本

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]