CAD で制作された 3D モデルを Unity へ取り込むためのプラグイン「Unity CAD Importer」のリリースを発表

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 2015年12月04日

From PR TIMES

α版の無償公開を開始

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、近年急速に高まりつつあるゲーム以外の産業での Unity の活用に伴い、このたび、CAD で制作された 3D モデルを Unity へインポートするプラグイン「Unity CAD Importer」のリリースを発表いたしました。



[画像1: (リンク ») ]



Unity CAD Importer とは
産業や工業用途で作成されている CAD データを Unity に取り込むための最適な変換機能を提供します。従来の変換では Unity にインポートできなかった大きなデータが取り込めるようになり、一般的な CAD 用中間ファイル IGES からアセンブリの階層構造を再現することも可能になりました。

機能紹介

[画像2: (リンク ») ]



α版の無償公開を開始
「Unity CAD Importer」リリースの発表にあわせて、α版の無償公開を開始いたしました。
α版の試用や技術的なご質問については、以下の専用ページからお問い合わせください。

(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]