大妻女子大学が科学技術館と教育連携に関する基本協定を締結

大妻女子大学 2016年02月29日

From Digital PR Platform


大妻女子大学(東京都千代田区)は科学技術館(東京都千代田区)と2月18日、教育連携に関する基本協定を締結した。今回の協定は、相互の教育交流を通じて連携を深め、高度な学術情報や最新の指導理論を開発・実施するとともに、地域の小中学生に対する科学技術に関する意識および学習意欲や観察技能を高めることを目的としたもの。


 同大は家政学部児童学科の石井雅幸准教授を中心として、科学技術館と小中学生向け科学教室「東京の自然から学ぼう!」や自然観察イベント「千代田自然調査隊」を開催するなど、定期的に地域活動に取り組んできた。

 今回の協定は、相互の教育交流を通じて連携を深め、高度な学術情報や最新の指導理論を開発・実施するとともに、地域の小中学生に対する科学技術に関する意識および学習意欲や観察技能を高めることを目的として取り交わした。教育連携の事業としては、同大の教員と同館職員の交流や、施設設備の使用、同大の学生が行うボランティア活動の同館での受け入れなどを予定している。

・科学技術館
  (リンク »)

・地域連携で子どもたちに科学的好奇心を(「東京の自然から学ぼう!」の様子)
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 大妻女子大学 広報戦略室
 東京都千代田区三番町12
 TEL: 03-5275-6159
 FAX: 03-5275-6098

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]