夏の素足女子の冷えとむくみ解消法

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao 2016年07月13日

From Digital PR Platform


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』( (リンク ») )にて、新たなコンテンツを発表しています。以下にご紹介いたします。

―――――――――――――――――――――――――

夏はサンダルなどをはく機会が増えるため、ストッキングをはかず、素足で過ごす女性も多いのでは?素足は確かに涼しいけれど、実はここに意外な不調の原因が潜んでいるのです。

■夏の足もと、素足とストッキング、どっちが多い?
―――――――――――――――――――――――――
冷房のきいた室内で過ごしたり、冷たいものの飲食の機会が増えたりする夏は、足もとが冷えやすい時期。それにもかかわらず、素足でいる女性が多いようです。そこで夏の足もと事情を調査しました。

「夏の時期に素足で過ごしているか?何かはいているか?」と聴取したところ、なんと48%が「素足」と回答。素足女子が約半数もいることがわかりました。(グラフ(1))

また、素足女子は、「疲れ」(56%)、「手足のむくみ」(42%)、冷え(32%)などのさまざまな身体の不調を感じていることがわかりました。

■夏でもストッキングをはいたほうがいい?
―――――――――――――――――――――――――
足のむれが気になる人や、素足のファッションを楽しみたいという人は、夏にストッキングや靴下をはきたくないものですが、夏の冷え予防には、ストッキングや靴下の着用が有効です。とくに、冷えやむくみが気になる人は、素足は避けたほうがいいでしょう。どうしても素足になりたい人は、次の方法がおすすめです。


■素足女子の悩み解消法
―――――――――――――――――――――――――
(1) ぬるめの炭酸入浴
夏は38℃くらいのぬるめのお湯での炭酸入浴がおすすめです。炭酸が入浴効果を高めて血流を促進するため、冷えやむくみが改善します。
素足でいることで足が冷えると、血のめぐりが悪くなります。オフィスではひざかけやストールを使用し、足を冷やさないようにしましょう。冷えを感じたら、蒸気が出るタイプの温熱シートで太ももを温めると、血のめぐりがよくなります。

(2) 足首や足指に力を入れて歩く
サンダルやミュールなど、履いていて脱げやすかったり、すべりやすかったりする靴は、歩きにくく、足の一部に無理な力が加わることがあります。インソールを使ったり、足の指をしっかり使って歩くことを心がけることで、足全体の筋肉を正しく使うことができ、血のめぐりがよくなります。

(3) 寝る前に足首や足指をストレッチする
寝る前には1日の疲れをリセットしましょう。足首をまわしたり、足指を開いたり閉じたりして、簡単なストレッチをすれば、血のめぐりもよくなり、冷えやむくみも解消されます。

>>内臓も冷えている!?女性の大敵!夏の冷えとは?
(リンク »)


<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年4月15日~4月17日
調査対象:首都圏在住の20代~50代の男女426名
調査内容:「夏バテ」に関する意識調査



監修:福田千晶先生
(リンク »)

写真:PIXTA


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]