編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ビースポーク、アーキタイプベンチャーズに対する第三者割当増資を実施

ビースポーク

From: PR TIMES

2016-10-05 09:00

~人工知能による訪日観光客向けチャット型コンシェルジュサービス「Bebot」の開発強化および宿泊施設向けに事業を本格展開~

株式会社ビースポーク (本社:東京都港区、代表取締役: 綱川明美) は、アーキタイプベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中嶋淳)が運用するアーキタイプベンチャーファンド投資事業有限責任組合を引受先とし、第三者割当増資(調達額:非公開)を実施いたしましたので、お知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

■資金調達の目的
今回の資金調達は、宿泊施設向けにチャット型コンシェルジュサービス「Bebot」の開発および販売の強化を目的としております。この新規調達により「Bebot」のサービス向上、新規導入宿泊施設の開拓に加え、より多くの言語への対応、民泊専用機能の開発、パートナー企業とのアライアンス強化を実現していきます。また、この度の資金調達により、人工知能を活用したチャットコンシェルジュの開発・拡販を支える優秀な人員の採用を強化してまいります。今後もビースポークは、日本を訪れた外国人観光客が日本の良さをさらに『体験』できるように、サービスの開発に励んでまいります。

■株式会社ビースポークについて
訪日外国人向け旅行サービスを運営するビースポークは、チャット型コンシェルジュサービス「Bebot」ならびに「Beyond Guidebooks / ガイドブックを超える体験」をコンセプトに日本の穴場を紹介するメディア「LEVART」を展開しています。ホテル向けソリューションの「Bebot」は観光地までの道案内、飲食店や文化体験の予約などを人工知能がリアルタイムかつ多言語で対応し、まるで地元に詳しいコンシェルジュが同伴しているような安心感を宿泊客に与えることができます。「Bebot」導入により、宿泊施設では人的リソースなしで24時間外国人宿泊客への対応が可能となり、また宿泊客の施設外での行動データを可視化することができます。


[画像2: (リンク ») ]

日本語資料はこちらよりご覧下さい: (リンク »)

■会社概要
商号  : 株式会社ビースポーク
代表者 : 代表取締役 綱川 明美
所在地 : 東京都港区
設立  : 2015年10月
事業内容 : ホテル・民泊向けAIコンシェルジュ、インバウンド向けインターネットサービス
URL  : BEBOT (リンク ») / LEVART (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名 : 株式会社ビースポーク
担当者 : 荒井未央
Email : press@be-spoke.io

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]