2ドアスポーツカーに予防安全措置としてリコールキャンペーンを実施

ポルシェジャパン株式会社 2017年01月30日

From 共同通信PRワイヤー

2017/1/30

ポルシェ ジャパン株式会社

2ドアスポーツカーに予防安全措置としてリコールキャンペーンを実施

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)では、911カレラ、718ボクスター、および718ケイマンの各モデルラインに対して無償点検作業を行います。日本における対象車両は685台です。点検対象車両の中にはフューエルコレクションパイプの固定に使用されているボルトが緩む可能性のある車両があります。このためサービス工場において最適化したボルトと交換します。これは純粋に予防安全措置として行われるものです。

対象車両のオーナーにはポルシェ正規販売店から直接ご連絡を差し上げます。サービス工場の受け入れ準備が整い次第、ご案内申し上げます。この作業にかかる工賃・部品代は無料です。


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]