学校法人共立女子学園がJCRの長期発行体格付「A+」(シングルAプラス)、格付けの見通し「安定的」を継続取得

共立女子大学 2017年02月16日

From Digital PR Platform


学校法人共立女子学園(学園長・理事長:西崎清久)は、JCR(日本格付研究所)から長期発行体格付「A+」(シングルAプラス)、格付けの見通し「安定的」を昨年に引き続き取得した。同学園は2004年度に女子大で初めて格付けを取得して以降、14年連続で「A+」を取得している。


学校法人共立女子学園が、長期発行体格付「A+」(シングルAプラス)、格付けの見通し「安定的」を取得・維持することとなったポイントとしては、主に以下の点が挙げられる。

1.新校舎竣工に伴うコスト負担や人件費、法人全体の学生・生徒等数の趨勢にも留意を要するが、女子大ならではのきめ細かい教育や地の利を背景に、大学の学生獲得力は安定しており、実志願者数も顕著に増加している。

2.徹底した予算統制の下、法人全体で一定のキャッシュフロー水準を維持、財務体質は健全で、当面の施設更新投資には自己資金で対応可能である。

■学校法人共立女子学園ホームページ
  (リンク »)

■日本格付研究所(JCR)ホームページ
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人共立女子学園 財務課
 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
 TEL: 03-3237-2416
 FAX: 03-3237-2767

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]