Dr.Web製品に含まれるDr.Web Virus-Finding Engineをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific 2017年03月29日

Doctor Webは、Dr.Web Security SpaceおよびDr.Web Anti-virusのバージョン6~11、Dr.Web Desktop Security Suite、 Dr.Web Server Security Suite、 Dr.Web Mail Security Suite、 Dr.Web Gateway Security Suite、インターネットサービスDr.Web AV-Desk、修復ユーティリティ Dr.Web CureIt!およびDr.Web CureNet!、緊急システム復旧ツールDr.Web LiveDiskに含まれるアンチウイルスエンジンDr.Web Virus-Finding Engine (7.00.28.02020)をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

アンチウイルスエンジンでは、RTF、 INNOSETUP、 UPX、 ODEX、 NSIS、 NET、 NSPACK、 PEPACK、 LHA、 MOLEBOX、 ZIP およびPNG形式のファイルが解凍される際に発生するエラーが修正されたほか、HTML および JS形式ファイルの処理が最適化されました。

アップデートは自動的に行われます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]