「ニュルブルクリンク24時間レース」でFALKEN Motorsportsチームの「BMW M6 GT3」が総合8位で完走

住友ゴム工業株式会社 2017年05月29日

From 共同通信PRワイヤー

2017年5月29日

住友ゴム株式会社

「ニュルブルクリンク24時間レース」で
FALKEN Motorsports (ファルケンモータースホ゜ーツ)チームの
「BMW M6 GT3」が総合8位で完走

 住友ゴム工業(株)(池田育嗣)がタイヤを供給しているFALKEN Motorsportsチームの「BMW M6 GT3」は、5月25日(木)~28日(日)にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース「第45回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」において、総合8位で完走しました。

【画像: (リンク ») 】
「BMW M6 GT3」


 本年のレースは、快晴の空の下スタートしました。日中と夜間の路面温度の急激な変化やレース終盤の突然の降雨など、激しいコンディション変化の中でもFALKENタイヤは、ドライ・ウエットグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さを発揮しました。その結果、完走することさえ難しいと言われる本レースでFALKEN Motorsportsチームの「BMW M6 GT3」は総合8位で完走を果たしました。なお、同チームの「Porsche 911 GT3R」は接触によるアクシデントによりリタイアとなりました。

・クラス:SP9 (FIA-GT3)
・チーム:FALKEN Motorsports
・車両:BMW M6 GT3
・チーム監督:Sven Schnabl
・ドライバー:Peter Dumbreck
       Alexandre Imperatori
       Marco Seefried
       Stef Dusseldorp
・順位:8位

・クラス:SP9 (FIA-GT3)
・チーム:FALKEN Motorsports
・車両:Porsche 911 GT3R
・チーム監督:Sven Schnabl
・ドライバー:Martin Ragginger
                     Jorg Bergmeister
                     Dirk Werner
                     Laurens Vanthoor
・順位:リタイア

■ニュルブルクリンク24時間レース
自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]