ハッカーからシステムを守るために必要なセキュリティ対策

株式会社Doctor Web Pacific 2017年08月04日

システムやネットワークについて深い技術的知識を持つ人物をハッカーと言いますが、同じハッカーとは言え、その技術を持つ人々は2種類の思考に分かれてしまっています。一つ目の思考は、何かしらの悪意を持って企業等のネットワークに侵入し、大きな影響を与えることを目的とする悪質な思考を持つハッカー、2つ目はその悪質なハッカーによる侵入を防ぐなど、悪事を行うのを食い止める良い思考を持ったハッカーがいます。 両者とも、システムやネットワークで使用できる複雑な言語を駆使しており、日々攻防戦を繰り広げていますが、良いハッカーが勝利をおさめられれば成功です(米国テレビドラマ: ARROWシリーズ)

###

しかし、この攻防戦は深い技術や知識を持つハッカーだからできることで、普通のユーザーにはこの攻防戦ができるでしょうか? そもそも侵入やウイルス感染されていることに気づけるでしょうか?

下記は当社のテクニカルサポートに届いた一般ユーザーの身に起きた事例です。

電子メールを開くと、システムがフリーズたため、少し待ってから再起動しました。通常より起動が遅いと感じましたが、ブートプロセスは完了。ですが、すべてが暗号化されてしまっていました。
突然、OSからシステムエラーのため再起動する必要があると警告が表示されたため再起動すると、ファイルが徐々に暗号化されていきました。
SNSでニュースを見ていただけで、ダウンロードやリンクを開くなどしていないにも関わらず、システムは減速。その後、身代金を要求するWanna Decryptorのバナーがポップアップしました。 バナーは5秒ごとにポップアップし続け、約40分後には、アンチウイルスが14のトロイの木馬を検知したと通知しました。


テクニカルサポート

このユーザーはシステムに異変を感じ、Windowsを再起動すれば問題を解決できると考え再起動したものの、すでに問題を解決するどころか大変な状況になってしまっていることにこの段階で気づきました。

このユーザーはDr.Webを残念ながら使用しておらず、この後、40分間も身代金要求がポップアップし続けていても、自然と解決するのを待っているかのように何もできなかったようです。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]