千葉県長南町と東京家政大学学生による「長南町バルーンアートプロジェクト」が起動

東京家政大学 2017年08月11日

From Digital PR Platform


東京家政大学(東京都板橋区)と千葉県長南町の連携協力に関する包括協定に基づく事業として、長南町の小学3年生を対象に、家政学部児童教育学科と同造形表現学科の学生が「バルーンアートプロジェクト」を企画実行する。児童と学生と長南町の方々による非常に大きなくじらのバルーンが、みなの思いを乗せて浮上することになる。


 東京家政大学は、創始者・渡邉辰五郎の出身地である千葉県長南町と、2016年9月に包括協定を締結していた。

 このたび、その連携協力に関する包括協定に基づく事業の一環として、長南町の小学3年生を対象として、児童教育学科と造形表現学科の学生が「バルーンアートプロジェクト」を企画実行する。児童と学生と長南町の方々による非常に大きなくじらのバルーンが、みなの思いを乗せて浮上することになる予定である。

◆概要
○日時: 2017年8月20日(日)
○場所: 長南町改善センター体育館
○企画共催
 東京家政大学家政学部児童教育学科と造形表現学科の学生、長南町教育委員会
○参加者
 長南町在住の小学3年生40名、東京家政大学学生、教員と長南町教育委員会の方々

・東京家政大学ホームページ
  (リンク »)

・長南町ホームページ
  (リンク »)

・バルーンアートプロジェクト
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 結城孝雄(児童教育学科教授)
 mail: takaoyuki@tokyo-kasei.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。