テンセント・アドバタイジングのSYラウ会長:現代的ビッグデータ広告時代が到来

テンセント (Tencent) 2017年08月22日

From 共同通信PRワイヤー

テンセント・アドバタイジングのSYラウ会長:現代的ビッグデータ広告時代が到来

AsiaNet 69713(1241)

【香港、深セン(中国)2017年8月21日PR Newswire=共同通信JBN】常に脚光を浴びているテンセント(Tencent)のSYラウ(SY Lau)上級執行副社長は、社内の機構改革を受けて新ポスト、アドバタイジング会長およびグループマーケティング&グローバルブランディング会長に任命された。ラウ氏の任務は、広告業務を他の社内部門と調整することである。これはグローバル市場におけるテンセントのブランディングの影響力を強化し、国際パートナーとの戦略的な協力発展に寄与する。記録破りの株価を通じて、時価総額で世界のトップ10企業に上昇したテンセントにとって、ラウ氏起用はデジタルエンターテインメント・情報の戦略能力を高めるとともに、コンテンツと技術を一層結合させる。

(リンク »)

SYラウ氏は中国インターネット広告業界の空前の機会を目撃する立場にある。米国では広告市場の40%をオンライン広告が占めているが、中国では今年、64%に達する可能性がある。米国ではソーシャル広告がオンライン広告総額の約20%を占めているのに対し、中国ではわずか8-9%にとどまり、その50%以上をテンセントが占めている。テンセントには極めて大きな市場潜在力がある。

SYラウ氏は2006年、テンセントに加わり、事業が飛躍的に成長したテンセントの黄金時代を経験している。テンセントの広告を例にとれば、2006年のオンライン広告収入は2億6700万元だった。ラウ氏の指導の下、2016年にこの収入は270億元に達した。テンセントの広告収入はわずか10年で100倍に増加したのである。ラウ氏はその卓越した業績により、米誌Advertising Ageの2011年「The World's 21 Most Influential People in Marketing and Media」リストに入った。また、2015年のカンヌライオンズ・フェスティバルで「Media Person of the Year」を中国人として初めて受賞した。ラウ氏はハーバード・ビジネススクールAsia Pacific Advisory Board (APAB)のメンバーでもある。

SYラウ氏は「広告業界は急激な変化を経験している」と語った。トレンドを見てみると、顧客獲得単価(CPA)広告が急成長する一方、ブランディング広告の伸びは鈍化している。ニュース配信広告に関して言えば、時間単価(CPT)広告は顧客獲得単価に転換しつつある。ニュース集約広告には多くの需要がある。これは巨大なビジネスチャンスである。短編ビデオ広告もソーシャルメディア上の世界的トレンドになってきた。

また「インターネット企業は全て、今がアルゴリズムの時代であるという見方に同意するだろう。広告の現代ビッグデータベース時代が到来しつつある」と述べた。アルゴリズムに基づくインテリジェントのプッシュとニュース配信広告はインターネットCPA広告の主流モデルである。統計もこれを証明している。中国のモバイル・ニュース配信広告は2016年、前年比110%増の40億ドル近い収入をもたらした。この収入は2017年、66億ドルに達する見通しである。

ラウ氏の見解によると、テンセントの広告は2つの意味で重要である。1つは安定した収入源として株主にもたらす価値であり、もう1つは広告を通じてさまざまなビジネスを結びつける「コネクター」としての役割である。テンセントは広告主がそのようなプラットフォームを利用できることを望んでいる。

ラウ氏は「テンセント広告の将来は、ソーシャルネットワーク、ビデオ、モバイル広告を全面活用することになる。私が最も大切に思っているのは、範囲、浸透、定着率である」と述べた。そのうえで、テンセント広告統合の将来の方向は、第1に、大手クライアントに包括的なソリューションを提供し、ブランディングと実績ベース広告を合わせて高い浸透率を達成すること、第2に、販売管理とセルフサービス・ツールを最適化・更新して広告効率を評価することにより、ロングテール・クライアント向けに小規模な地方広告主の総額を引き上げることにあると指摘した。

ラウ氏は、テンセントは広告をビジネスに統合するため、以下を達成する必要があるとし「第1に、孤立に耐え、過去の成功の上に構築するものの、再びゼロから始める必要がある。第2に、さまざまな並列部門は相互に連絡する必要があり、第3に、テンセントは『to C』から『to B』に考え方を転換しなければならない」と語った。

フィナンシャル・タイムズのインタビュー「LUNCH WITH FT」の全容閲覧は次を参照: (リンク »)

▽問い合わせ先
Grace Tang
Tencent Corporate Marketing & PR Department
+86-10-6267-1188-40335
Yepingtang@tencent.com

ソース:Tencent

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。